公共交通機関説

無料ブログはココログ

映画・テレビ

2019年12月26日 (木)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

見ました。
第1作(エピソードⅣ)から第3作までは、
しっかり見たのだが、以降興味は薄れ、
テレビ放映のときも、集中できなかったのだが、
シリーズ最終作と言われる本作は、
凄いという評判を数本見るにつけ(少ないが)
劇場で見るかと思い立って、行ってきた。
実は人間関係が把握できていないにも関わらず、
始まってすぐに、その世界に没入し、
まったく時間が気にならなくなった。
個人的には、絵空事とはいえ、
ウォーズって、破壊と殺し合いだろうという
そういう思いがいつからか離れなくなってしまって、
そういう意味では、心底楽しめるわけがない。
しかしサーガとして、
親と子、陰と陽の対決と捉えると、
作品としても哲学的な葛藤がないわけではない。
今回、最終作として賛否両論があるらしいが、
もともとジョージ・ルーカスは
3部作の3セット計9本で予定していたのだから、
オリジナルキャラクターの顛末を
こういう形で収束させることには納得。
細かいツッコミどころは、マニアの受難と受け流したい。
私はディテールにまでこだわるような
ファンではなくなっていたのだが、
何度か涙腺を刺激されたことは認めざるを得ない。
エンドロールで、スタッフ・キャストが
延々と、しかし早々に流れていくさまを見て、
ああ、これなんだ。彼ら(もちろん男性だけではなく)に
改めてリスペクトを捧げようと強く思った。
空想の世界を、映像と音として構築した彼ら。
そして私たちが生きているこの世界も、
世代も性別も人種も国家も超えた集まりだ。
もちろん生きとし生けるものすべてである。
第1作が公開されたとき、映画史上初めて、
すべてのスタッフの名前がエンドロールに示された。
その40数年の歴史を目の当たりにして
私は無上の喜びを感じた。
おそらく私の表情は輝いていたと思う。


2019年12月 1日 (日)

いだてん

今日は、久しぶりの休日という感じ。
午前中、風の便りを配り、今回の分は一応終了。
午後、録画していた「いだてん」を2回分見る。
丁度東京オリンピック返上と満州編の辺り。やっとです。
泣けて泣けて。歴史的に正史と言えるかどうかを問題にする人たちがいるが、
ドラマとして何を描くか、そしてそこから何を読解するかなのだ。
クドカンは、多くの人が言うように、超えてしまいましたね。
おそらくそれは、考証担当を始め、NHKスタッフの皆さんが
力を総結集したからでもあると思う。



2019年8月30日 (金)

ロケットマン

話題のエルトン・ジョンの伝記映画。
「ボヘミアン・ラプソディ」が予想外にヒットしたおかげで、
日本でも見ることができるようになったと
私は認識している「ロケットマン」。
ネット広告も大量出稿で、逆に心配になっていた。
考えたら、ネット広告で私はターゲティング
されてたのかもしれないが。
ミュージカル仕立てとは聞いていたが、まさにロックミュージカル。
つまり、これはヒットは厳しいという予感。


2019年6月 5日 (水)

コンフィデンスマンJP

ついに劇場版を見ることができた。
インスタグラムで小出しにされていたので、
映像的には、あれがここに入るのかと確認したようなもの。
騙しだまされというストーリーも考えようでは、
そんなに難しいことではない。
キャラクターと相関図を組み立てた後は、それに飽きないことだろう。
長澤まさみの演技力といっても、そのほとんどは
破壊的な顔面アクションである。
鼻筋はローマンノーズで美形だが、意外と大きな顔。
それは女優にとって天賦の才能である。
映画のストーリー構成上のことだとは思うが、
竹内結子の美貌がより引き立つように撮れているのに、
やはり主役はダー子であり、長澤だということを思い知らされる。
長澤まさみは、まさにジュリア・ロバーツ級である。
ボディを強調しないところが、制作側の自信の現れであろうか。




2019年5月24日 (金)

白い巨塔

岡田准一の「白い巨塔」、見るとはなしに見始めると、
これが面白い。
田宮二郎のとき、子どもだったけど見た記憶はある。
ただ覚えてはいない。何度もリメイクされたと思うが、
きちんと見た覚えはない。
今回もまったく興味がなかったのだが、
岡田准一がいい財前なので、見てしまった。
その先には破局しかないことは分かっているだけに、
怖いもの見たさみたいなものがあるのかも。
そのあと、NHKで「ミストレル~女たちの秘密」。ドロドロ。
で、「ドキュメント72時間」で心が洗われる。





2019年5月 6日 (月)

朝ドラ100作!

気分は10連休の最終日。振替休日は国旗掲揚しなくてもいい、
ということに気づく。朝ドラ「なつぞら」に引き続き、
「朝ドラ100作!全部見せますSP(再)」も見てしまう。
ノスタルジーに傾斜するせいか、ただ朝ドラが好きなのか。
制作側が国民感情をよく掴んでいるのは間違いない。
思わぬ部分が受けるということもあるかもしれない。
月ー土の毎日なので、大規模災害の報道に左右されることもある。
忘れられないのは、「てっぱん」の終盤で起きた東日本大震災だ。
富司純子さんと瀧本美織が特別にコメントする回があった。
大規模な災害のなどで、中止になることもたまにある。
それがリアルな人生なのだ。だからこそドラマは
大変な現実に対抗する力になるのかもしれない。



2019年4月29日 (月)

病院ラジオ

Dsc_1288
合志市のキャッチフレーズは「健康都市こうし」である。
総合計画にも謳われていて、議会も承認している。
写真は先週、泉ヶ丘市民センターで撮影したもの。

今朝、NHK総合で病院ラジオ「子ども病院編」という番組を見た。
サンドウィッチマンの2人が、世田谷区にある
国立成育医療研究センターを訪ね、

インターネットラジオ局を2日間限定で設置。
難病で入院中の子どもたちの話を聞きながら、
リクエスト曲をかける番組。

センシティブな病気の話題を、深刻になりすぎず、
自分のこと、家族のこと、病気のことなど、
まっすぐに語る子どもたち。

いわゆる健康であることも大事なことだけれど、
一病息災ともいうが、何らかの病気を抱えていても、それが普通で、
特別でない、普段の生活を淡々と送ることができるまち。
そういうまちづくりをやりたいものだ。

5月5日(日)午後4時10分からNHK総合で再放送があるようです。
リンク 



2019年4月 5日 (金)

マリオ

隣に誰かがいないと生きた気がしない。
「マリオ」というタイトルのNHKのドラマ。
高校生とのふれあいで成長するAI。
人間の肉体を得たAIが警察権力により抹殺される
サスペンス。



2019年3月18日 (月)

いだてん

NHK大河ドラマの「いだてん」の視聴率が低いと
散々な言われようだ。録画しておいた2週間前の分を
見ていたが、全国の国民は、多分熊本弁が嫌いなのだろう。
こんなに面白いのに、国民の感性が鈍っていて、
この面白さを分からないのだろう。

さて、午前中に議会だより「きずな」の一般質問の原稿を書き上げ、
午後は昨日一昨日と同じく、同窓会の仕事。
大津高校を卒業したことに感謝である。


2019年1月24日 (木)

マスカレード・ホテル

長澤まさみファンを自認しているのに、
これまで映画館で彼女の出ている映画を見たことがない。
多分。
そこで、今回木村拓哉との共演で話題の『マスカレード・ホテル』を
見に行きました。平日昼間からとのお叱りを受けそうですが、
すみません、なかなか時間が取れないんです。
TOHOシネマズ光の森のスクリーン1というのは、
ひょっとしたら、あそこで一番座席数が多いのではないか。
そこに、そこそこ、50人ぐらいか入っていました。
さすがに安定のキャスティングにカメオ出演多く、
東野圭吾原作のミステリーという手堅い作品でした。
木村拓哉って、どんな映画に出てもキムタクだと揶揄されるが、
毎回それなりの観客動員数を稼ぐ俳優は貴重です。
そんなに悪くもないし、いややはり、うまい役者です。

なんとなく、三谷幸喜の映画みたいな雰囲気があるが、
長澤まさみも期待を裏切りません。
いまどき、ホテルマンという呼び方でいいのかどうか、
少し疑問が残るが、彼女もなりきっています。
それも監督やプロデューサーのオファーに応えるものの、
いわゆる人気女優として、変に演技派にならないところがいい。
長澤まさみが、フロントの制服であるスーツで全力疾走、
階段を駆け上る、もう言うことなしである。
もっと息を切らせてくれると更に良いのだが。

十分楽しめた映画なので、「行ってらっしゃいませ」で
終わればいいものを、最後に
仮面舞踏会のシーンと、彼女がドレスアップした
ホテルのレストランでの乾杯シークエンスという
竜頭蛇尾、いや蛇足で見事ぶち壊しになってしまった。
残念。あと20分切って、シンプルにしてよかったと思います。


より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31