公共交通機関説

無料ブログはココログ

合志をめぐる冒険

2020年1月19日 (日)

古本市労

1月17日(金)午前、ドットJPの学生の面接。
来月10日より私の事務所に
インターンシップで来ることになった。
午後、県立美術館分館に
上野先生の個展を見に行く。
1月18日(土)山鹿市で開催されている
大山鹿古本市に出店のため出かける。
わが家の断捨離の一環だったのだが、
見事に一冊も売れず。
山上龍彦の本を甲佐町の虹たまさんに差し上げたので、
1冊は少なくなったけれど。
初めての場所というのは、常に緊張するもので、
正直苦手なのだが、飛び込んでみれば
新しい知り合いができたりして、
いつの間にか昔から知り合いみたいな。
来年も会いましょうと言って、少し早めに店じまい。
午後5時から菊池恵楓園ボランティアガイド交流会。
少し遅れて交流荘に到着。
近況報告等が進んでいるところだった。
あとで聞いたが、杉野芳武さんが亡くなられたとのこと。
仕方のないことだが、残された桂子さんのことを思うと、
胸が痛む。




2020年1月16日 (木)

ボランティアガイド

菊池恵楓園のボランティアガイド。
本日は、熊本市の帯山西小学校の児童約80人。
2クラスを4班に分かれてもらって、
ガイド6人で案内した。
5人に1台ぐらいの割で、タブレットを携行している。
納骨堂内や園内の人の映り込みを避けるなど、
いくつかの注意事項を事前に説明した。
画像も残すというのは効果的だ。
これが仮に全員がタブレットを持てたとしても、
役割分担にしたほうが優れて教育的ではないか。
社会交流会館(歴史資料館)を見学した後、
玄関前にある希望の鐘を撞いてもらうことにしているが、
撞いたあと、しまった動画で撮ればよかったと
言ってる子がいて、微笑ましかった。
予定時間があるので戻れなかったが、
鐘の音は、子どもたちの記憶に残ってくれることを願う。


Dsc_2872
写真は、楓の森小学校・中学校の建築現場。







2020年1月 4日 (土)

黒石神社初詣

_20200104_150529

2019年12月20日 (金)

どんぐりバンダナ

認定NPO法人大阪自然史センター(大阪市自然史博物館友の会事務局)の、
このバンダナを、たまたまツイッターで見かけ、
ミュージアムショップで買いました。
来年のどんぐりシーズンが楽しみです。
ところで合志市には、合併前から「ひまわりどんちゃん」
というキャラクターがあり、図書館バスなどに
デザインされているんですが、最近ヒジョーに重大な発見をしました。

なんと「どんちゃん」表記に「ドンちゃん」が
混ざっているのに気づいたのです。
それより前に「ヴィーブルくん」か「ヴィーブルちゃん」か論争もあったので、
合志市は知的財産権や著作権を学ぶには、まさにピッタリの自治体であります。

ちなみに、特にもめてませんので、
平和裏に調査研究できるところがオススメの理由です。
追記。このNPO法人がショップを活動の柱にしているのは、
大阪維新の会が文化芸術分野の保護を公的部門から、
どんどん切り離していったせいなのかもしれないなと、
浅学の身で思った次第です。

異論反論お待ちしています。

_20191219_105058

2019年12月17日 (火)

定例会最終日

午前中、定例会最終日の本会議。午後、議会広報委員会。
そのあと、菊池恵楓園で行われている医療従事者向け
ハンセン病講座で学びました。
そして、終了後、文教経済委員会の懇親会でした。
長い1日、充実の1日でした。






2019年12月16日 (月)

お茶

可徳乾三と縁ある三友堂さんに
お茶を買いに行く。


 

2019年12月11日 (水)

フルムーン・フィーバー

Dsc_2671_20191211235001

2019年11月30日 (土)

今日も明日

いよいよ明日(厳密には今日)、西合志図書館で、
須賀努さんに可徳乾三の話をしてもらう企画が実現する。
地道が信条のわりには、準備はいつも
「こんなもんでよかんべイズム」なので、
ふわふわっとしか出来ていない。
誰か補佐してくれる人がいたらいいのに。人に頼むのがへたなのだ。
それはそうと、最近ブログの更新に対して、切迫感がない。
どうしても毎日更新するぞという気が起きない。
ツイッターとフェイスブックとインスタグラムを合算すると、
きちんとログ残していることになるのだが。
あと、毎日YELLOW MONKEYが頭の中で鳴っている。
毎日急かされているようだ。今日も明日もお元気で~ラブラブシヨウ!



2019年11月16日 (土)

文化祭

_20191116_224127_20191116224401
合志市民の文化祭。
年々寂しくなるような気もするけど、
せめて鑑賞することで参加を続けたい。
「文化」とは何か。
それは生きているということ。
それを高らかに宣言しなくても、
ここはヴィーブルだ!



2019年11月11日 (月)

菊池恵楓園

菊池恵楓園ボランティアガイド。
西合志南小学校6年生約160名。
講話は、入所者自治会副会長太田明さん。
事前に提出されていた質問事項に
丁寧に回答されていた。
その後、約2時間の園内見学。ガイド8人で。






より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31