公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 十七回忌 | トップページ | 睡蓮 »

2019年10月14日 (月)

竹の時代

11月11日付全国農業新聞に竹の話題が2件あった。
一つはマーケティングプロデューサー平岡豊さんのコラム。
広島県立油木高校の生徒たちが、
竹林化した耕作放棄地に入り、竹を伐採、
それを竹粉に加工、牛ふん堆肥やリン酸などに加え、
ホウレンソウを栽培したというもの。
もう一つは、栃木県茂木町で、
2009年から堆肥に竹を砕いた竹粉を入れている。
年間65トンの竹を処理し、約60トンを
堆肥の副資材に使うとのこと。
合志市でも、竹材の活用を考えるように
議会として提言しているし、
執行部も前向きに検討しているところだ。






« 十七回忌 | トップページ | 睡蓮 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十七回忌 | トップページ | 睡蓮 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30