公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 一般公開 | トップページ | 議会広報 »

2019年10月20日 (日)

政教分離

昨日10月19日付の熊日夕刊のコラム一筆は、
雑誌「宗教問題」編集長の小川寛大さんの担当。
天皇陛下の即位礼が22日に行われることもあり、
政教分離について書かれている。
少し前にあいちトリエンナーレ問題というのがあった。
その事件について、まったくご存じない方は
検索してみてください。
天皇の肖像写真、いわゆる御真影が燃やされたとか、
踏みつけにされたとか、私はその出展作品を
直接見ていないので、それ以上は詳しくないのだが、
流言飛語(としか思えない)がツイッター上で交わされていた。
そこでは憲法上の問題として「表現の自由」が
引き合いに出されていたのだが、
政教分離にまで言及する人はいなかったようだ。
「天皇とは神道の祭祀王せすから、
御代替わりを含め、皇室の行事にはその基礎部分に
神道の儀礼が組み込まれています」
「今の安倍晋三政権は保守的な宗教団体に多く支持されている
といわれ、また与党の一角を占めるのは宗教政党・公明党です。
そんなことも合わせて考えると、政教分離とは
本当に徹底できるものなのかという気がします」
と小川さんは書いている。
宗教だから、理屈ではない部分が大きいとは思うが、
天皇陛下(実際は主に昭和天皇のこと)を侮辱することは、
日本人を誹謗することと同じだと言ってるひとがいて、
それって条件反射であって、特に宗教心とかではないようだ。
いや、そういう気がする。
もうちょっと勉強して説得力のある言説を披瀝してもらいたい。
それを私がきちんと受け止めるかどうかは分からないが。
ところで、あいちトリエンナーレのクレームに関しては、
従軍慰安婦を思わせる平和の少女像が発端であり、
こういうのもあるぞと、引き合いに出されたのが、
御真影問題にまで延焼したのではないかと思っている。



« 一般公開 | トップページ | 議会広報 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般公開 | トップページ | 議会広報 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30