公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の23件の記事

2019年7月31日 (水)

施策評価

施策評価について。
行政改革の推進と財政の健全化について
全体で説明を受けたあと、
常任委員会ごとに所管事務について。
午後、会派室で個人研究。



2019年7月30日 (火)

グラウンド・ゴルフ

午前8時半から、黒石公園で、黒石グラウンドゴルフクラブ例会。
名ばかり会員である。
直射日光対策で、グラウンド側ではなく、
遊具がある木陰側にコースを作ってあった。
ホールインワンは3本あったが、連打ばかりでスコアは悪かった。
午後、市役所防災センターで
主要地方道大津植木線バイパス建設促進期成会の総会。




2019年7月29日 (月)

学ぶ会

合志の近代遺産を学ぶ会のミーティング。
くまもとの戦争遺産をめぐる旅の対応と次回の例会について。
熊本高専の伊藤先生の研究室にて。





2019年7月28日 (日)

消防団夏季訓練

中央運動公園で消防団夏季訓練、玉落し競技会。
帰ってから、庭の草取り。
書類整理。






2019年7月27日 (土)

今週の出来事

日にちが開いてしまった。
7月24日(水)アンビー合志の店頭で街頭啓発。
更生保護女性会のみなさんと、社会を明るくする運動の
リーフレットとポケットティッシュを配る。
7月25日(木)議会広報、きずな校了。
午後、男女共同参画推進懇話会会議。
7月26日(金)菊池恵楓園ボランティアガイド。
熊本市教育センター初任者研修の現地研修会。
本日、合志市人権教育研究大会を御代志市民センターで。
県内の人権バンド ホライズンの歌。
音楽を使った啓発は有効だと思うが、
楽曲の伝える力としては、ストレートなだけではなく、
深みや広がりの部分でもっと洗練されるべきかなと思った。
講演は、三重県から松村智弘さん。
経験を面白おかしく、そしてしっかりと伝えるテクニックは
名人芸の域に達しているかもしれない。
午後、大津町ピアパレスみいけで、大津高校同窓会の役員会。
100周年同窓会と同窓会会館建設について。









2019年7月23日 (火)

学ぶ旅

菊池恵楓園で学ぶ旅、久しぶりのガイド。
今年は親子での募集だったが、100名の枠に60名。
なかなかうまく行かないものだ。
午前中の見学時間が詰められて、午後プラ板製作が入ったのだが。





2019年7月22日 (月)

開票参観

昨夜は参議院選挙の開票を見学にヴィーブルへ。
粛々と続く作業を見ているのは退屈だが時間は過ぎる。
NHKの腕章をつけたアルバイトみたいな若者が4,5人、
双眼鏡を覗きながら、馬場馬場馬場馬場、あべとか
つぶやいていたのだが、法則性は認められなかった。
話しかけようかと思ったが、どこまで仕事か分からないし、
選管から最初に参観者は静粛にしてくださいと
アナウンスがあったので、近寄らなかった。
結果は、大差であべ弘美さんが負けた。
なんか腹が立ったが、それなら私自身がもっと頑張ればよかった。
そういうことになる。




2019年7月20日 (土)

ツイート

昨日は最後のスタンディング。黒石のポリテク前交差点で。
今日はツイッター連投。選挙運動期間は本日まで。
明日が投票日とはいえ、公示翌日から期日前投票が始まっているので、
すっかり投票日という概念が変わっているのではないか
ということに気づいた。
低投票率が毎度話題になるが、選挙運動のあり方を
国会では議論してほしいものだ。



2019年7月18日 (木)

人間ドック

菊池養生園で毎年受診している。
健康診断とか人間ドックとか、過度に信用してはいないが、
だからといって、自分の健康状態について
まったく客観的な情報がないというのも、
いきなり体調不良で重篤な病の診断をくだされるのも困るし、
いわゆる帳面消しですね。
今年も特に問題なし。



2019年7月17日 (水)

スタンディング

午前7時から1時間、たばこ産業前交差点で、
選挙へ行こうスタンディング。

午前中、議会広報委員会。ほぼ出来上がり。
午後、あじさいの会。



2019年7月16日 (火)

風の便り

風の便りの編集を進める。






2019年7月15日 (月)

米国における大麻規制の現状

熊本県の薬物乱用防止指導員を保護司枠で務めている。
啓発活動を年に何回かやるのだが、
関連する情報紙をもらう。
公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター発行の
ニュースレターKNOWがその一つである。
第100号には国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の
薬物依存研究部依存性薬物研究室室長の舩田正彦氏の
「米国における大麻規制の現状について」という解説があった。
米国では医療用大麻法、レクリエーション用大麻法の二つの法により、
大麻の所持、使用が認められている州がある。というか多い。
しかし、かなり厳格に規制されている。
州により医療用大麻の適応症数が違うことからも分かるが、
臨床上の有効性が確立されているわけではない。
ただし、成分の有用性は期待されているところもある。
医療用、嗜好品用のいずれも購入する場合、州の定めた
大麻税と消費税がかかる。これが馬鹿にならないようで、
コロラド州、オレゴン州、カリフォルニア州などでは、
その税収が州の事業だけではなく、公立学校や
薬物乱用の規制等のプログラムに用いられているとのこと。
米国での大麻経験率は40%以上と高いため、
厳罰化では十分な対応ができないため、州が大麻流通を管理し、
得られる税収を青少年の大麻使用の抑止に生かすという考えのようだ。
つまり大麻規制の緩和は必ずしも大麻の安全性を背景にしたものではなく、
その流通量や社会情勢が影響している。
日本とは状況が違うので、勘違いしないようにということである。
医療用の臨床研究が進んだときには、
米国からわが国に対して、輸入促進の圧力がかかるのだろう。




2019年7月14日 (日)

アフリカ豚コレラの影響

7月12日付全国農業新聞のコラムに
世界の豚肉事情が書かれていた。
アジアで発生したアフリカ豚コレラの被害が中国で拡大し、
豚肉生産量が打撃を受けている。
中国では生産と同時に消費の方でも世界の半分を占める。
中国の輸入拡大見込みと思惑で世界の豚肉価格が高騰。
また中国の米国産豚肉に対する関税率は報復関税で
跳ね上がったまま。
日本のハム・ソーセージはその原料の8割を輸入に依存している。
中国の母豚淘汰(4月時点で繁殖豚22%)で影響は長期化する。








 

竹迫観音祭

昨日の竹迫観音祭は雨で中止になりそうだったけど、
なんとか開催された。お知らせメールとホームページで知る。
車で出かけて、公民館の本部に顔を出す。
市長や議長が先に来ていた。
地元の顔見知りに挨拶して早めに帰る。

ドランジャー映像→リンク








2019年7月12日 (金)

市政報告会その他

昨夜、泉ヶ丘市民センターで市政報告会。3人参加。
今朝、社会を明るくする運動の学校啓発で西合志中学校。
午前7時から8時まで、更生保護だよりの写真撮影。
午前10時より、泉ヶ丘公民館で泉寿会の例会に
久しぶりに参加。
帰宅して、庭木の選定他、植物の成長に追いついていない。
午後6時から7時、ポリテクセンター前交差点で、
あべ広美応援の選挙へ行こうキャンペーン。







2019年7月10日 (水)

議員年金の復活

全国市議会旬報6月25日号に
「厚生年金へ地方議員加入を」という見出しがあった。
議員年金の復活を自民党で画策していて、
元記事が何だった失念したが、それでは公務員共済に組み入れ、
自治体が半分負担するという話だった。
国会議員の年金を復活させるために、まずは地方議員という
流れが書かれていた。それとは少し違う。
私が議員になったときはまだ議員年金が生きていて、
約1年間は、毎月掛け金を引かれていた。
正直、月5万円ほどの負担は大きかったので、廃止されてよかった。
結局、精算一時金は8割しか返って来なかったが。
議員のなり手不足の一因に議員年金が廃止されたことが挙げられる。
そうなのかなと思いつつも、いざ受給する年齢に近づくと、
私の場合、53歳で厚生年金を離れたので、国民年金だけの期間が
受給時に結構響いてくることが分かる。
その上、議員報酬が在職老齢年金制度に掛かり、支給停止だ。
それが法とはいえ、議員年金復活が必要ではないかと考えるようになった。
とはいえ、この先、議員をそれほど長くは続けないと思うので、
客観的に考えることもできる。
年金よりも、報酬を引き上げることの方が現実的な対応かもしれない。



下水道条例改正

定例会が閉会して、2日が過ぎた。
下水道条例の一部改正についての賛成討論です。

議席番号13番上田欣也です。

議案第41号合志市下水道条例の一部を改正する条例に付きまして、
委員長報告に賛成の立場で討論致します。
本市の下水道事業会計は平成27年度から企業会計に移行しましたが、
事業のもうけを示す損益計算書では3年連続の損失を計上しております。
4年目の30年度決算も損失となる見込みで、
累積する欠損金は8億円を超える見込みです。
これまで一般会計からの繰入金により補填してきていますが、
公営企業としても、市の財政状況からも、たとえ市民の負担軽減のためとはいえ、
いつまでも法定基準外の繰り入れには頼るべきではありません。
老朽化が進む施設の将来的な更新費用を考慮するとき、
事業の黒字化と累積欠損金の解消は、もはや待ったなしです。
今回の条例改正では、他市町の使用料金体系を調査して、
従量使用料制から累進使用料制を取るべきこと、
それにより、使用水量の少ない単身世帯や一般的な家庭などの負担を和らげること、
また企業などの使用水量が多いところに応分の負担をお願いすることなど、
出来る限りの配慮がなされています。熊本地震の被害でも明らかになったように、
下水道などのインフラを日常的に健全に運営することは、
万が一の予期せぬ被害にも、公営企業として機動的に、
また柔軟に対応するための体力づくりに当たるものだと考えます。
市民のみなさんに目に見える形で負担増をお願いすることにはなりますが、
今回がこの条例改正の最後のチャンスであると確信します。
以上の理由から、委員長報告に賛成致します。








2019年7月 7日 (日)

カローリング

昨日、大江図書館で、
戦争遺跡保存全国シンポジウム熊本大会の
実行委員会。
今日は、泉ヶ丘体育館で、泉ヶ丘自治会の親善カローリング大会。




2019年7月 5日 (金)

選挙に行こう!

午前7時から、たばこ産業原料工場前交差点で街頭啓発。
選挙に行こうキャンペーン。
体重が激減していたので、お昼前に三隅医院へ、念のため。
そこでの計測は特に問題ない。
汗を大量にかいたときなど、1キロぐらい減ることもあると。
あとでわが家のヘルスメーターで計るとやはり少ない。
妻も低く出るというので、乾電池を替えたら正常値(みたい)。
なんだ、それ。





2019年7月 4日 (木)

総括質疑

予算決算常任委員会、総括質疑。
西合志庁舎周辺整備についての質問への答弁が、
総務部長に変更になった事情がよく分からない。
そう言えば、他の質問もそうだ。健康福祉部長と、
教育長ではなく教育部長答弁になっていた。
早く終わったので、参院選あべ広美候補の選挙ポスター張り。
出掛けに3枚貼っていったので、残り21枚。
それでも、1時間ちょっとかかった。


2019年7月 3日 (水)

豪雨被害のことを気にしつつ、書類整理。
議会だより「きずな」の一般質問の原稿まとめ。
夕方、郵便を出しに下の郵便局まで。
「みんないい子だから 長靴はいてね 傘さしてね」
とつぶやきながら。でも考えたら、この歌のタイトル
「雨ふりふるふれ」というのだった。不謹慎である。


 

2019年7月 2日 (火)

くまみん合志

午前中、ダイソー、コスモス、ダイレックスに買い物。
午後、ダンボールコンポストを購入。
夜、泉ヶ丘市民センターで、
参院選に向けて、くまみん合志打ち合わせ。



2019年7月 1日 (月)

全く異なる2016年

安倍首相が2017年に予定されていた消費税率の
10%への引き上げを再延期したときのことを調べたら、
以下の記事がハフィントンポストにあった。
嘘も方便とは言うものの、政権による現状認識の自己都合解釈である。
ただ、このとき増税を見送ったことで、救われた部分はあったかもしれない。
しかしそれは別の選択の世界をこの目にすることができないので、
比較できない。
だが、2016年と2019年を比較して、安倍政権としては
もはや2度と消費増税の延期ができないことはこれで見て取れる。


安倍総理大臣は「新興国や途上国の経済が落ち込んで、世界経済が大きなリスクに直面しており、こうした認識を伊勢志摩サミットで世界のリーダーたちと共有した。熊本地震の影響も含め、日本経済にとって新たな下振れリスクとなっており、最悪の場合、再びデフレの長いトンネルへと逆戻りするリスクがある」と述べました。そして「世界経済は想像を超えるスピードで変化し、不透明感を増している。リーマンショックのときに匹敵するレベルで、原油などの商品価格が下落し、さらに投資が落ち込んだことで、新興国や途上国の経済が大きく傷ついている」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「現在直面しているリスクは、リーマンショックのような金融不安とは全く異なるが、危機に陥ることを回避するため、内需を腰折れさせかねない消費税率の引き上げは延期すべきだと判断した」と述べ、来年4月の消費税率の引き上げを再延期する考えを表明しました。

 

首相 会見で消費税率引き上げ2年半再延期を表明 | NHKニュースより 2016/06/01 18:45)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31