公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 戦 | トップページ | コミュニティバス東西線 »

2019年2月28日 (木)

重要な課題に向き合えているか

熊本日日新聞夕刊の「一筆」、
本日担当は崇城大総合教育センター教授の今井亮佑さん。
「首長の方針をただ追認するだけの議会(議員)は、
二元代表制の理念にはそぐわない。このため、
地方議会の議員を選ぶ際には、首長の施策に是々非々で
臨む姿勢を持つ人物であるかどうかということが、
一つの判断基準となる」と書いている。
市民にはしっかり見ていただきたい。
ただ自分がどこまで真摯に市の抱える重要な課題に
向き合えているか。しっかり自問しなければいけない。
それにしても安倍首相を始め、政権側の答弁で頻発する
「しっかり」や「真摯に」のおかげで、
言葉の重みが感じられなくなっている。


« 戦 | トップページ | コミュニティバス東西線 »

主に議員としての活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重要な課題に向き合えているか:

« 戦 | トップページ | コミュニティバス東西線 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30