公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 一般質問 | トップページ | 遮られた まなざし」展 »

2016年12月 1日 (木)

国立公文書館

今朝の熊日朝刊に
「国立公文書館主体的利用を~有識者会議」の記事。
新たな国立公文書館の在り方を検討する有識者会議が
内閣府で開かれたとのこと。
山本幸三行政改革担当相は「国民が主体的に利用できる
施設にする必要がある」と強調した。
公文書管理の専門職で利用者への助言も担う
「アーキビスト」の認証制度が提案されたとも書かれている。

近代の日本では公文書の保存管理が重要視されていない。
それどころか、都合の悪い文書を平気で廃棄したり、
特定の秘密を隠蔽するための法律まで作ってしまった。
少しでも世の中が良くなる方に向かいますように。



« 一般質問 | トップページ | 遮られた まなざし」展 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立公文書館:

« 一般質問 | トップページ | 遮られた まなざし」展 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31