公共交通機関説

無料ブログはココログ

« はじまりの季節 | トップページ | キャロッピー号に乗って »

2014年4月 3日 (木)

Oh!電脳

Dsc_0205

だいたい、この賞状よりも
応募原稿を残しておけよ、とは思う。
しかし、平成2年がどういう年だったかを物語る史料である。
テレビゲームなんかしないのに、
村上春樹の『ハードボイルド・ワンダーランド』を真似て、
当時人気絶頂だった宮沢りえ(富士通のCMにも出ていた)が
女子マラソンのアスリートになり、
レース中に公道で誘拐されるというストーリーを
書きあげたのだった。
締切に間に合わないので、清書もせずに
下書きのまま送ったのに、
応募者が少なかったのかもしれない。
入選賞品は、テレホンカード8枚組だった。

このことは、晴れ永遠のどこかに
既に書いていたと思う。

しかし、このときはまだ、
宮沢りえがマラソン選手役をやらない代わりに、
『サンタフェ』という写真集を出すとは、
予想だにしていなかった。


« はじまりの季節 | トップページ | キャロッピー号に乗って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Oh!電脳:

« はじまりの季節 | トップページ | キャロッピー号に乗って »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30