公共交通機関説

無料ブログはココログ

« ふれあいフェスタ | トップページ | 国旗国歌の強制 どう考える »

2011年10月17日 (月)

セイラー

確かシングル盤を持ってた。
セイラ―の「グラス・オブ・シャンペーン」。
邦題は「二人のシャンペングラス」だったか。
検索すると「二人のシャンパングラス」らしい。
当時、ちょっと変わったことをやると、
それがノスタルジックなサウンドでも
かなり新しく感じられた時代。
昔の音楽しか聞かないっていうのは、
感性が鈍くなっているから。

買えなかった、
あるいは買わなかったレコードという題材でなら、
いくつも文章が書けそうな気がしたが、
書き始める前に、自分で飽きてしまった。
レコードマニアだったころ、
買えなかったレコードが夢に出てきて、
夢の中でゲットしたことがある。
そんなことを書いても自分で面白くない。

また面白くなる日が来るかもしれない。





« ふれあいフェスタ | トップページ | 国旗国歌の強制 どう考える »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイラー:

« ふれあいフェスタ | トップページ | 国旗国歌の強制 どう考える »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31