公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 補助すればいいだろ症候群 | トップページ | 米金融危機 »

2008年9月29日 (月)

確信的とは?

中山成彬前国土交通大臣が、日教組について持論を述べたことについて、
「確信的に」発言したと言っているが、多分おそらく
「確信犯的に」と言うべきところではないか。
「犯」をつけて、自分を貶める理由もないというわけだろうか。
私には、「言いまつがい」にしか思えない。
つまり、「政治家として」というか、「いまの政治家らしく」というか、
言葉の選び方が、舌先三寸口先案内人だと言うことだ。

道徳教育は、こういう人にこそ必要である。
否。道徳教育を受ける前の、国語をきちんとお勉強してください。
言葉の選び方に、頭の悪さが出ているのは、致命的だ。

まあ、普通は、「確信を持って」と言うよな。
心の動揺が出たのでしょう。

“I spoke it innovatively.”

« 補助すればいいだろ症候群 | トップページ | 米金融危機 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確信的とは?:

« 補助すればいいだろ症候群 | トップページ | 米金融危機 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30