2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

シリーズ・公共交通機関説

2017年12月15日 (金)

地域公共交通協議会

第42回地域公共交通協議会を傍聴した。
平成29年度コミュニティバス運行実績中間報告
(レターバス、循環バス、乗り合いタクシー)は
9月分までだが、一昨年と比べて利用者が減少している。
一つには、料金を100円から150円に上げたこと、
それと昨年の熊本地震の影響と考えられるが、
グラフを見ていると、レターバスに関しては
今年の4月は平成27年度とほぼ同じなのに、
5月以降伸びていない。この原因がわからない。

ちなみに、総合計画の第2次基本構想では、
公共交通の充実という施策の方針で
「公共交通は、高齢化社会の進展に伴い市民の移動手段として
ますます重要性が高まります。市内外の移動が更に円滑に
できるよう、コニュニティバスをはじめJRや熊本電気鉄道、
路線バス等の効果的な活用及び乗り継ぎ等の利便性向上を
図ります。
また、交通渋滞の緩和や環境に優しいまちの実現のため、
自動車利用から公共交通機関への移行を促進するとともに、
市内全域や近隣市町と連携のとれた交通体系の構築を
図ります」と述べられている。
何度もここに立ち戻って、熟慮議論すべき課題だ。



2017年11月 9日 (木)

暫定形

今朝の熊日に熊本駅ビルと駅前広場の概要発表の記事があった。
一昨日、森都心プラザを訪れたとき、現在のJRホテルは
まだ新しいが新ビルを作るときには壊すのだろうな、と思った。
と同時に何となく嫌な予感もしたのだったが、
まさに悪い予感が的中してしまった。
建築家の西沢立衛氏が設計した巨大しゃもじは解体されると。
「熊本地震時に立ち入り禁止になったことなどを受け」
と記事にはあるが、それは何となく危ないのでは程度の
理由だったのではなかろうか。
それを解体の理由にするとは信じがたい。
JR九州の駅前ビル計画に邪魔だったというだけではないか。
西沢氏の当初の計画では、このしゃもじには続きがある。

熊本駅白川口(東口)駅前広場 暫定形 / 熊本県→リンク

熊本地震の影響とひと言で片付けていいのかと思う。

Dsc_2609
左奥に立つのがJRホテルで、
その前の白い平板状の構造物が暫定形しゃもじ。





2017年10月20日 (金)

狸穴

港区立狸穴公園。鳥居の先にはキツネがいた。
1508508064853.jpg

港区コミュニティバスちいばすバス停。
雨だったけど、麻布十番からこの辺りまで散策。
1508508068362.jpg

2017年8月19日 (土)

フォトコンテスト

バス・電車フォトコンテストin熊本→リンク  

Twitter、Instagramで「#バスと電車とくまもと」をつけて、
2017年8月1日(火)~9月30日(土)の間に撮影した
熊本のバス・電車のある風景やバス・電車からの写真を投稿しよう!
投稿された方の写真の中から12名に豪華プレゼント!

Dsc_2180
これは非該当だと思います。


2017年3月10日 (金)

光の森自由通路

1489124184535.jpg

1489124185905.jpg

県道なので自転車を乗せてもいいのだ。
うっかりしてたな。


2016年11月23日 (水)

免許返納者割引乗車証

昨日の地域公共交通協議会の件で、
もう一つ書いておくことがあった。
それは免許返納者割引乗車証のことだ。
運転免許証を自主的に返納した高齢運転者(65歳以上)の方が、
路線バス・電車をご利用の際に
運賃の半額割引を受けられる制度である。
高齢者の運転による交通事故が増えているようだという
話になったのに、熊本電鉄から来ている委員は
どうしてこの制度について触れなかったのだろうか。
担当課か他の委員で知っている人はいなかったのか。
実に残念である。

制度の詳細(熊本電鉄HP)→リンク 




2016年11月22日 (火)

第39回合志市地域公共交通協議会

第39回合志市地域公共交通協議会を傍聴。
公共交通協議会なのでレターバスで行った。
久しぶりだったが、座れない人もいた。
時間帯にも寄るのだろうけれど。
私は最後尾の右奥に座ったので、
席を譲ろうにも立てなくて、そういうときは困る。

さて、昨年10月の料金値上げ以降、レターバスをはじめ、
循環バスも乗り合いタクシーも利用者が減少している。
その上、熊本地震の影響もあり、
クルマへのシフトも進んでいるらしい(委員からの意見)。
避難所としての車中泊によって、クルマが見直されたのかも。
しかし、担当課のデータ分析がどうも不十分である。
ただ分析ができたからといって、
その対処がすぐにできるかどうかは別の問題だが。

おでかけサポーターとクーポン券付き回数券について、
明確な返答ができなかったことは言語道断である。


2016年8月 3日 (水)

公共交通の充実

合志市総合計画第1期基本計画では、
公共交通の充実において、施策の方針として、
・近隣市町との公共交通体系の確立を図ります。
・自家用車から公共交通への転換について
 市民意識の醸成に努めます。
・市民が利用しやすいコミュニティバスなどの
 公共交通の充実を図ります。
以上、3点が挙げられている。

菊陽町とは、バスロケーションシステムを共用している。
熊本市とは、熊本電鉄御代志駅を交通結節点とすることで、
自家用車の乗り入れを緩和し、渋滞対策とする。
というようなことだったと思う。
自家用車から公共交通への転換については、
地球温暖化対策という名目が説得力を持たないので、
意識の醸成はできても、実現はかなり困難だと思う。
ただ、ここが胆であることは間違いない。
「たまにはバスで」から「いつものバスで」への
転換だということだから、利用しやすいバス路線への
先行投資がどこまで許されるのかということでもある。

また、さらに問題となるのは、
「利用しやすい」から「利用する」ようになるのか、だ。
その点、おそらくレターバスのデザインがカワイイから、
乗るという市民がいそうな感じがする。
裏付けとなる意見とかあればいいのだが。


2016年6月30日 (木)

震災が公共交通に与える影響について

昨日の夜は、くまもとパレアで、
くまもとLRT市民研究会の定期総会。
熊本地震の影響は、当然既存のインフラである公共交通にも
多大な影響を与えている。
道路網があちこちで被災しているので、
慢性的な渋滞が起きているようで、当然ながら、
路線バス等の定時性がかなり損なわれている。
そういった、自然災害が人の行き来(移動の権利)に対して
与える影響の調査は、黙っていれば誰もやらないだろう。
LRT市民研究会の出番だということだが、
その手順というか全体像を
まずは設計することから始めるべきだろうか。


2016年6月14日 (火)

レターバスに乗って

昨秋値上げした合志市のコミュニティバス。
乗客が減ったまま増えていないそうだ。
私も熊本地震以降、利用していなかったので、
今日久しぶりにレターバスで合志庁舎へ行った。

行きは、お昼時の便で、思ったよりも多く、
座れない人を含め、20数人だった。
つまり、どんなに利用者が増えても、そのへんが上限。
30人は厳しいだろう。
だから、収支率を言うならば、乗車率の悪い便を
多くの人に使ってもらうしかないというジレンマを抱える。
乗客の多い時間帯に便数を増やせば、
もともと運賃が安いのに、運行経費が増えるばかりだ。

だから、コミュニティバスを住民サービスと割りきって、
どこまで予算をつぎ込めるかという判断が必要だ。
平日なので、高齢者の利用が多かったが、
お出かけによる健康増進効果を数値化できれば簡単だが、
実際には、かかりつけのクリニックに通院という利用もある。

隣町の店舗でショッピングされたら、
それはすべての購買力の流出のように言うが、
実際の税収での差額などが示されないので、
感情論の域を出ない。

地域公共交通に投入する歳出をどう位置づけるのか。
しっかり議論すべきである。
バスに揺られながら考えたことなので、
この程度の結論であった。


より以前の記事一覧