2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2017年9月19日 (火)

当事者意識

2017年9月18日 (月)

日朝平壌宣言

日朝平壌宣言から17日で15年を迎えたという記事が
今朝の熊日「表層深層」にあった。
これを読むと、日本政府はこの1年、拉致被害者救出を目指し、
北朝鮮の金正恩体制と水面下で接触を続けたという。
核・ミサイル問題を巡り、北朝鮮への圧力を強める
米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長との対話を仲介し、
拉致問題進展につなげるために、首相が今秋の訪朝を
考えていたという話。
なんで今、その情報が出てくるのか。
水面下をリアルタイムで表に出せないのは分かるが、
これまでは安倍首相が「拉致問題は最重要課題」と繰り返す
誠意のこもっていないとしか感じられない言葉しかなかった。
そのことの説明はなくていいのだろうか。
結果オーライでいいのか。


2017年9月17日 (日)

ラジオのニュースで

いつもの朝のように午前6時前に目覚め、
NHKラジオ第一のニュースを聞いたら、
なんと衆議院解散の報が流れた。
ムカつくとはこのことだ。
冷静になるために、なすべきことはなんだろう。
というわけで、いつものように
ラジオ体操をするために公園に出かけた。
長靴はいて、傘を差して。
人間は自分が正しいと思わないと
おそらく生きていけないと思います。
だから安倍首相も自分たちが正義だと思っているのでしょう。
多くの国民が政治を自分のこととして
考えるようになるには、
私たちはどうすればいいんでしょうか。



2017年9月13日 (水)

Mr.道半ば

安倍晋三首相のインタビューが日経電子版(2017/9/12 23:05)
に載っていた。「高齢者向け給付が中心となっている社会保障制度を、
全世代型社会保障制度に改革していく」と強調しているが、
そのための幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減などは
「財源がなければ実現できない」と指摘もしている。
「最後は私の責任で強い決意でしっかり財源を確保していく」
と明言したのだそうだ。19年10月の消費増税実施への決意だろうか。

こんなのもある。
憲法改正に関し、5月に20年の新憲法施行を目標に掲げたが
「まずスケジュールありきではない」と述べ、今後の改憲論議は
「党に任せたいと思っている」と語ったそうだ。

嘘でしょ、と言いたい気分だ。
本人の自覚なき嘘はウソではないのだろうか。


2017年9月12日 (火)

大げさの鑑

昨年5月29日の熊日長官に首相発言「大げさでは」の記事。
ずいぶん昔のことに思えるが、その頃、
まだ消費再増税「2年半延期」は正式決定していなかった。
「27日閉幕した主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、
安倍晋三首相が『リーマン・ショック前の状況に似ている』
との景気認識を示したことに対し、海外の専門家も
疑問を示すなど波紋が広がった」
当時のブログにも同様の記事があった。
ちょうど参院選前。
今も印象は変わらないが、恥知らずに使えるものは
何でも使うという、安倍首相はまさに政治家の鑑である。

2016年5月28日の記事→リンク  



2017年9月 5日 (火)

立ち往生

北朝鮮情勢は余談を許さないということは、
世界各国の真剣な動きを見ていると分かる。
中国ロシアも、一時的な利害を超えて、
何とかしなければと考えているだろう。
対岸の火事では済まない、と多くの国も多分。
しかしそういうとき、楽観はできなくても、
変に悲観的になる必要もないと思う。
外交的に何ができて、何ができないか、
それを国民としては冷静に見守ることだろう。
安倍政権は今や立ち往生してしまっている。
国民の多くが信頼しないはずだ。


2017年8月31日 (木)

Jアラーム

北朝鮮のミサイル実験について、
わが国では、Jアラートを始め防災訓練の様相だった。
台風、洪水、地震などあらゆる災害に対して、
その備えは必要である。
だから、Jアラートの不気味さや大袈裟さに対して、
非難したい気持ちもわからないではないが、
そういう危機とまったく無縁かというと、
そういうわけでもないので、
ここは百歩譲ることにしよう。
前日の内に官邸が発射情報を掴んでいても、
それを公表すべきだったかというと、
そこは判断がむずかしいところだとは思う。
パニックを引き起こしかねないからだ。
とはいえ、少なくとも、発射の可能性はあるが、
今のところ心配することはないので
落ち着いて待機してくださいというアラームを
前夜のうちに国民に伝えることは必要ではないか。
発射情報を掴んでいながら
沈黙していても問題ないとなると、
そもそもJアラートの運用自体に意味がなくなる。
そう思いませんか。

2017年8月29日 (火)

Jアラート

これが今朝の北朝鮮のミサイル騒動で感じたことのすべてである。


2017年8月20日 (日)

恋する共謀罪

Dsc_2191

桜路前の市道の桜並木ですが、
向って右の列が見事に剪定されていました。
ソメイヨシノは純粋種で病気に弱いとのことです。

さて今日は、くまみん合志(熊本から民主主義を)主催の講演会。
早いもので第3回目。
弁護士であり元国会議員の松野信夫さんによる
「共謀罪…あなたも狙われる!」でした。
共謀罪は下手に適用しようとすれば、
そのいい加減さが明らかになりかねないので、
しばらくはその抑止力が効いているかもしれない。
が、そもそも誰が何のために準備したのか、
それがよく分からない法律である。


2017年8月15日 (火)

電話協議

「北朝鮮ミサイル発射阻止へ連携確認 日米首脳電話協議」
日本経済新聞電子版→リンク 

今朝のことだ。
他の国の首脳とはもっと早く緊密に連絡を取っていた。
日本は盂蘭盆会ゆえ、トランプが遠慮したのか。
北朝鮮の強行発言が、良くも悪くも
外交的配慮に裏打ちされたものに思える。
終戦記念日に合わせて、日本の方からお願いした
電話協議だったようにも思える。
結局、高価な防衛装備品をアメリカの言い値で買わされる。
貿易摩擦解消にはいいかもしれないが、
トランプ大統領はそんなこと別に感謝しないだろう。



より以前の記事一覧