2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年9月24日 (日)

風土や農耕文化は輸入できない

9月22日付全国農業新聞の「農人伝」は、
都市農業のあり方を確立として大阪府枚方市の
野島五兵衛さん(野の字は外字)。
新都市計画法で市街化区域と調整区域が指定された
1968(昭和43)年に学生だった野島さんは、
農業経営学を学ぶ中で考えたそうです。
「大規模効率化とは違う農業の可能性はどこにあるのか。
そもそも農業の価値とは何か。
農耕から産業化した農業の歴史をたどるところから
考え悩みました」
「結論は『モノは輸入できても
土地固有の風土や農耕文化は輸入できない』
という歴史的事実です」
確かにそうなんだけど、
農業を産業という括りで見れば、
すべてがその事実認識で解決できるわけではありません。
 

2017年8月16日 (水)

男女共同参画社会

くまもと県民交流館パレアで開かれた、
平成29年度男女共同参画社会づくり地域リーダー育成事業の
事前研修に参加した。
10月に川崎市と大田区に研修に行くことになっている。
今日は熊本大法学部の鈴木桂樹教授の講話を聞いて、
この男女共同参画は未だに現在進行系であることを実感した。



2017年7月31日 (月)

わたしと神風連、これから

昨日、英霊顕彰碑について書いたとき
神風連について触れたところ、
何と今朝の熊日から伊藤比呂美による「神風連とわたし」
という連載が始まった。これを共時性ともいうが、
私と伊藤比呂美は多分同じ学食のランチを
食べていたのではないかと思われるが、
多分死ぬまで出会うことはないだろう。
そういう人がいるものだ。
神風連についてはいつか勉強しなければと
わりと最近思ったところだった。
それも合志義塾の縁かもしれない。
合志の近代遺産を学ぶ会は、
私が生きているうちにどこまで行けるのだろうか。
先が見えてくるというのにねえ、
いろいろやりたいことは増えてくる。
なのに怠惰さは変わらず。


2017年7月12日 (水)

合志をめぐる冒険

_20170712_174236

クラッシーノ・マルシェで、お野菜プロジェクト。
スイカシロップのブラマンジュ。
時間の都合で既に作ってあったけど。
地元のスイカとショウガを使える。

Dsc_1879_2

ひまわりドンちゃん号。移動図書館車。
みずき台にて。

2017年7月10日 (月)

震災アーカイブ

1499693560679.jpg


1499693561170.jpg

2017年6月27日 (火)

菊池恵楓園

1498566451840.jpg

菊池恵楓園ボランティアガイド。
山鹿市の中学生を案内した。
この写真は案内コースではない。
剪定された枝。

1498566452929.jpg

熊本電鉄北熊本駅にて。
ずっと前から知ってはいるが、行ったことはない地。
北熊本駅というよりも、来たくまモン駅が相応しい。



2017年6月19日 (月)

観光立国への道

昨年の4月27日付熊日の「争論」は、
「観光立国 実現するには」がテーマ。
小西美術工芸社社長のデービッド・アトキンソン氏と
跡見学園女子大准教授 篠原靖氏の2人が
それぞれの考えを述べているが、
共通しているのが「おもてなし」に効果がないという点。
正確にいうと、篠原准教授の場合「日本を初めて訪問する
動機にはならないだろうが、訪日外国人旅行者の
リピーターを増やす点では効果があるだろう」である。
アトキンソン氏はもっと辛辣だ。
「日本人自身の自己満足的な世界観という側面が
あるのではないか」
「(東京五輪・パラリンピック誘致でのアピール効果について)
おもてなしが素晴らしいと決めたのは日本人であって、
相手の外国人観光客がどう受け止めているか
という視点がない」
2020年に訪日外国人旅行者数4千万人という目標は
可能かという問いに対して、
「観光を第4の基幹産業と位置づけて進めれば可能だ」
と答えている。
関連して検索していたら首相官邸HPに
「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」
リンク があった。


2017年6月 6日 (火)

マイクロライブラリー

マイクロライブラリー、まちなか図書館、
そういうのを始めようと思う。
まちなかの色んな場所に小さな図書館がいっぱいある。
そういうのをやってみたい。

世の中には起業家、アクティビストという人がいて、
そういう人は思ったことをうまくやる。
人を引き寄せ、コーディネートするパワーとチャームを
持ち合わせているのだろう。

やり遂げようという気持ちの問題だろうか。



2017年5月31日 (水)

“本”のひととき

昨日午前、総合教育会議を傍聴に西合志庁舎に行った。
午後は、1時半から茨城県鹿嶋市のコミュニティエフエム
「FMかしま」の番組「Dr.ルイスの“本”のひととき」に電話出演。
放送は来週6月5日午後7時半から。インターネットでも聞けます。
インターネットサイマルラジオ→リンク  
スマホでも聞くことができますが、
Androidの場合、Adobe AIR というアプリを
同時にダウンロードするように指示されます。
私も使ってますが特に問題はないようです。
30分ほど喋りまくりましたが、
聞きやすいように編集されていることを願います。
ぜひご傾聴ください。
ちなみに再放送は6月9日(金)午後7時半です。




2017年5月23日 (火)

村のバス

昨日の熊日「読者文芸」の川柳に次の句があった。

 村のバスどっこいしょから乗ってくる
           (高森町)今村須美子

選者の島田駱舟さんも「鋭い感性です。同時に
思いきりのよい表現です。しかも温かさが
伝わってくる情景です」とほめている。
地域公共交通、コミュニティバスといった行政用語を
軽やかに超えているではないか。

今朝の熊日に、2014年2月の東京都知事選に出馬し、
運動員に報酬を提供したとして公選法違反(買収)罪に
問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(68)が
東京地裁で22日、懲役1年10月、執行猶予5年(求刑懲役2年)
の判決を言い渡されたという記事。

田母神被告は記者会見で「非常に残念。無罪だと信じていた。
(陣営幹部との)共謀の具体的な証拠はなく、
構成な裁判が行われたのか疑問」と述べている。

本日、テロ等準備罪(共謀罪)法案が衆議院を通過した。
多くの人が疑念を抱くこの法案の運用について、
田母神被告のこのコメントはその将来不安を
如実に物語っていると言えないだろうか。
(判決そのものに対する見解ではありません)


より以前の記事一覧