2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2004年4月 3日 (土)

「還暦を迎えたら、ジョンは?」 ?/?/ 2000

 ジョン・レノンがもし生きていたら、今年で60歳。ミュージアムも出来たし、CMにまで出演(?)しているのを見るのは、自分が確実に年を重ねているだけにどこかなじめない。

 音楽にとどまらず、生き方にまで影響を与えたビートルズが解散したとき、その原因の一つにポール・マッカートニーの「マイホーム主義」が挙げられていたことを覚えておられるだろうか。
 音楽活動を休み、家族との時間を大切にしたいだなんて、ファンに対する裏切り行為だと見なす風潮が確かにあった。ビートルズが巨大な産業になり、たくさんの人々が彼らにあやかる仕事から、収入を得るようになっていたことの意味も大きいが。

 自分らより上の世代の「マイホーム主義」を批判していた私達であったが、いつしか家庭をもつという立場になっていた。家族の存在を心の支えに、仕事に打ち込んでいるという人もいるだろう。しかし彼の妻子は、その仕事の犠牲になっていると感じているかもしれない。

 ジョン・レノンも家事・育児に専念した期間があった。経済的な成功があったから、それが出来たと言ってしまうのはたやすいが、子育てに関われる時期は人生においてそう長くはなく、それは誰にとっても同じくらいの長さである。
 ビートルズが教えてくれた、もう一つの真実であると最近思うようになった。

コメント:熊本日日新聞「おとこの目」欄、不採用。当時、建設会社に勤めていたので人と住まい、家族について考えることが多かった。自分の子どもたちも成長してくるしネ。藤原智美さんに影響されたのかもしれない。