2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

合志をめぐる冒険

2018年9月19日 (水)

石坂繁さんのお墓

石坂繁さんのお墓。
草が茫々なのはわかっていたが、なかなか時間が作れず、
今日やっと行ってきました。
なぜに私が草刈りをしなければいけないのか。
郷土の偉人だから。合志義塾出身の。
しかし歴史の中で、どれだけ偉大なのか。
というか、そのお墓にどういう意味があるのか。
荒れ放題。熊本地震で崩れかかった上に、
石の間に根を張り、草や木が伸び放題。
いつかそうなる。どこの家系にもあり得る話なのだ。
あまり先のことは考えず、
とりあえず、石坂繁氏の残した著作を読もうではないか。
西合志図書館にある。

定例会は午前中、予算決算常任委員会の総括質疑だった。


2018年9月18日 (火)

反省会

今年の社会を明るくする運動の反省会。
合志市役所防災拠点センター避難所で。
社明運動は本来、市が主催する行事なので、
反省会を保護司会主催のような形で行うことはどうなのか、
という議論があった。

2018年9月15日 (土)

熊本市立図書館

大江町の熊本市立図書館集会室で、
第4回「ピースくまもと」設立準備事務局会。引き続き、
第1回「第23回戦争遺跡保存全国シンポジウム熊本大会」実行委員会。


2018年9月 9日 (日)

秋桜忌

昨日は、菊池事件Fさんの死刑執行の日に因んだ秋桜忌。
今年は映画『新・あつい壁』が上映された。
昨夜、懇親会のあとクルマを置いて帰ったので、
今朝は徒歩で取りに行った。


2018年9月 3日 (月)

日向川

本日、本会議議案質疑。
引き続き、予算決算常任委員会の質疑。
早く終わったので、そのままJA菊池畜産部へ。
家畜伝染病を専門とする友人がいるので、
ぜひ勉強会を企画してほしいという話をしてきた。
その後、国道325号を川辺から日向方面に入り、
思い立って日向川を遡ることに。
道なき道をPASSOで走りながら考えた。
実業がやっていることに対して、
議員の仕事のなんと空を掴むような手応え。
本当になくてはならない仕事なのかという思いがよぎり、
少し弱気に。
しかしそんなことばかり言っていられない。
県道大津西合志線に出てしまったので真っ直ぐ帰ってきた。
Dsc_4328

Dsc_4329


2018年8月 6日 (月)

くまもと戦争遺産の旅

8月5日(日)くまもと戦争遺産の旅。
合志市もそのコースに入っていて、合志の近代遺産を学ぶ会の
会長として、熊本再春荘病院内の留魂碑を紹介した。
再春荘の記念誌にあった文章を読み上げたのだが、
つい最後の方で声が詰まってしまった。
そんなことでどうする、と自分では思うのだが、
まだまだ修行が足りないということだ。
その後、黒石原奉安殿を案内。
一行は泗水へ向かったが私はそこで退散した。
参加者には、潮谷義子元熊本県知事と幸山政史前熊本市長が
いらっしゃった。

しかし、午後のデスクワークは進まず。
すべて暑さのせいに。


涼しげ~






2018年8月 5日 (日)

SUMMER FEST'18

昨日、熊本再春荘病院の南病棟自治会主催の
SUMMER FEST`18というイベントに参加しました。
この辺だろうなと伺った会場。
いきなりアイドルユニット「熊本CREAR'S(クリアーズ)」が、
歌って踊っている現場に遭遇。

熊本CREAR'S→リンク  

いや驚きました。
テレビでしか見たことがない世界が目の前にある。
まさに感動しました。
男は駄目だな、女性にはやっぱり敵わないと思いました。
だって、いまこの時間に自分たちの人生を集中できるなんて、
できそうで出来ないことです。というか、
それは自分のことでした。たとえば、高校野球の球児たちは、
同じように燃え尽きることも厭わないのではないか。
なんかね、自省しました。もっとがんばろう、自分。
真夏だ、青春だ!
こんなにたくさんの筋ジストロフィーの患者さんに会ったのも
おそらく初めてだと思います。生きること、命について実感しました。
生きているから、生きていくんです。
それを支え合うのは自然なことです。
それを可能にする技術はサイエンスなので、自然の一部なのです。

2018年7月24日 (火)

本日の菊池恵楓園

熊本県主催の「菊池恵楓園で学ぶ旅」150名。
例年と少しプログラムが変わり、
午前中、「壁をこえて」DVD視聴のあと園内見学。
この猛暑続きのせいもあるが、
午後からの見学は気象庁の注意情報的にもアウトだろう。
昼食後、志村さんと太田さんの講話を合わせて1時間。
引き続き、参加者との意見交換が小一時間。
最初はどうなるかと思ったが、
やり取りの内容も充実していたと思う。




2018年7月23日 (月)

大暑

もともと根気がないというか、
集中力持続時間(アテンション・スパン)が短いので、
つい暑さを言い訳にしてしまう。
さて、土曜日は人権教育研究大会。
公益財団法人反差別・人権研究所みえの松村元樹さんによる
「インターネットと部落差別」についての講演。
日曜日は自治会の公園清掃。
その後、合志マンガミュージアムの1周年記念イベントに。
暑いこともあってか、人出はそれほど多くなかった。
レターバスで行き帰り。
川崎のぼるさんの講演は聞かなかった。
というのも、風の便りの編集が遅れているからだ。
で、最初に戻るが私はアテンション・スパンが短い。
病的ではないかとすら思えてくる。
安倍晋三(現総理)、中川昭一(故人)両氏が絡んだ
NHK番組改変事件のことを調べていたが、
途中で寝てしまった。

2018年7月19日 (木)

市民講座

7月の市民講座を受講。
保護司会の啓発でヴィーブルに行ったついでに。
渡邉司法書士さんの遺産相続についての話は、
生命保険の外交をやっているときの研修と、
ファイナンシャル・プランニング技能士の資格試験のときに
それなりに勉強したので、概略は思い出した。
数字的なものはやはりテキストを見ないと言えない。
あと、こうし未来研究所の上田さんの空き家対策について。
空き家対策が立法化される以前に、意見交換したことがあるが、
こういう啓発の機会が設けられるようになってよかった。
受講者の方に現状を認識してもらうことが第一歩だ。
しかし、本日の参加者は100人程度。
終活の課題として、自分たちのこととして考えるきっかけに
なれば幸いだけれど、どうだろう。
アンケートとかインタビューとかが必要ではないか。
窓口に相談に行ってみようと思われたら大成功。
「エリアの再生」にまで目配りする余裕があるだろうか。
それを考えなければならないはずの行政ですら、
長期的な視点があるとは思えない。
いや、仮にあったとしても、将来像から立ち返って、
いま為すべきことを深く考察する余裕がないのかもしれない。






より以前の記事一覧