2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

合志をめぐる冒険

2017年9月11日 (月)

予算決算常任委員会

予算決算常任委員会。
分科会長報告と質疑、自由討論。
合志の近代遺産を学ぶ会の講演会への協力をお願いに、
九州沖縄農業研究センターを訪問する。



2017年9月10日 (日)

秋桜忌

昨日、菊池恵楓園で「秋桜忌」として
シンポジウム「菊地事件再審国賠訴訟とは何か?」が開かれた。
受付の手伝いをしただけで、残念だが中身は聞いていない。
しかし終了後の懇親会には参加していろいろ話をした。
療養所の社会化に関して、
合志市がやっている清掃ボランティアのことを
素晴らしいと評価してくれる人がいた。
自分がハンセン病の啓発を狭い範囲でしか見ていなかった。
そのことに気づかされた。



2017年9月 9日 (土)

作文選考

昨日は、社会を明るくする運動の作文の候補作選考だった。
合志市での入賞作3編が県の推進本部に送られる。
市内の小学校から43編が集まった。
中学生の参加がなかったのは残念だが、
作品のレベルは全体的に上がっているような気がする。
レベルが上がるという評価は学力とは別で(おそらく)、
作文を書いてみようと児童に呼びかける先生が
この作文のテーマや目的について、
いかに具体的に伝えるかにかかる要素が大きい。
ポイントを設定して、
一つ目、二つ目と論点を整理している作品が多いことは、
自分が不得手のことなので、感嘆。
社会を明るくする運動に対する理解も深まっている。



2017年9月 7日 (木)

講演会案内ちらし

_20170907_180017

今日の熊日夕刊の「一筆」に
熊本大大学院人文社会科学研究部教授の松浦雄介さんが
書いている。
「近年のまちづくりでは、ストーリーという言葉が使われる。
たとえば文化庁は、数年前から日本各地の『地域の歴史的魅力や
特色を通じてわが国の文化・伝統を語るストーリー』を
『日本遺産』として設定している。
経済産業相も地域内の観光資源をむすびあわせてストーリーを
つくり、より効果的な観光促進を図ることを提唱した。
そして日本各地で、地域ストーリーづくりが行われている」
ストーリー、ストーリーと唱えればいいわけではない。
ストーリーにはヒストリーが必要である。
地元の歴史は、そこにしかない。
それは「つくる」ものではなく、
掘り起こし磨くものなのではないか。



2017年9月 6日 (水)

記念碑

_20170906_170510

大日本農友會實習所創業之地記念碑。
講演会のちらしを作るために撮影。



2017年9月 3日 (日)

書店ゼロ自治体

8月24日の朝日新聞に「書店ゼロ自治体2割強」の記事。
あまりありがたくないが、熊本県合志市は
書店が地域に1店舗もない7市の一つに実名入り。
合併前の合志町時代には、永江団地の近くに
小さな本屋さんがあったが今は焼き鳥屋になっている。
すぐ近くのプラモ屋さんはしっかり営業しているので、
書店経営の難しさだろう。
片山善博さんに言わせれば、図書館と書店は
自治体に必須だということになるが、
市内になくても、商圏には明林堂が2店舗、
それに熊本市中心街から移ってきた紀伊国屋書店もある。
環境的には悪くないと考える。
思えば、3館ある合志市図書館が貸出数で県下有数なのは、
書店がなかったことも大きいのかもしれない。
好きと商売でやっていけるかは違うが、
独自色を狙えば、規模の問題ではないと思う。
市民にとっては、読書のその先に何を見つけるかが
重要であるので、その水先案内人が身近にいることが
もっと大事である。



2017年9月 1日 (金)

こうし隊

永江団地のでべそで、
こうし隊の杉並台夏祭りの反省会。
写真は関係ありません。

1504274498836.jpg

1504274499959.jpg

1504274500812.jpg



2017年8月30日 (水)

ボランティアガイド

8月28日(月)
菊池恵楓園のボランティアガイド。
美里町の小中学校の先生たちを案内した。
講話の担当は入所者自治会長の志村さん。
次の件に関しても少し触れていた。

今朝の熊日の1面に出ていたが、
「菊池事件 元患者ら国提訴」
「再審請求せず精神的苦痛」の見出し。
国相手だと、そういう理由で金銭的賠償を求める他に
国を動かすことができないということである。
仲間の名誉回復を求める思いの強さに心を打たれる。
裁判での決着は公平公正なものとして
受け入れるのが法治国家の国民である。
だから、裁判を公正に受ける権利は誰にもある。
そこが揺らいでいたことを最高裁も最高検も認めている。

写真は、菊池医療刑務支所跡地。
今年は合志市の予算で草刈り等整備がなされている。

1504098687524.jpg



2017年8月27日 (日)

マンガミュージアム昨日・今日・明日

昨日の合志マンガ塾は、山野車輪氏による
コロコロコミック40年。
本日は、うすた京介君がマンガミュージアムにやってきた。
彼の両親と子連れ。奥さんは同じくマンガ家榊健滋さん。
うすた君の高校在学中のことを確認したら、
ウルトラマンのパロディは自分ではないとの証言。
そう言えば、絵の感じが全然違ってたもんな(勝手なことを)。



2017年8月23日 (水)

一般質問

明日、午前11時ころから一般質問で登壇します。
質問事項とその要旨。

(1)合志市農業振興ビジョンについて
①農業に関して行政ができることとその限界について
②農地の保全と開発のバランスをどう考えるか。
 農業委員会の役割。
③市民の役割について

(2)菊池恵楓園の将来構想について
①将来構想の実現に向けての協議
②菊池恵楓園の土地利用計画
③療養所は地域の財産。
 啓発からもう一歩先へ進めることについて。



より以前の記事一覧