2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

合志をめぐる冒険

2017年7月25日 (火)

学ぶ旅

Dsc_2012

Dsc_2019_2

熊本県の菊池恵楓園で学ぶ旅。
ボランティアガイドとガイド交流会。
いろいろな問題点を話し合いました。


2017年7月24日 (月)

菊池恵楓園、明日も

Dsc_2011

菊池恵楓園で見学者に何を伝えるべきか。
そんなに悩むことではないのだろう。
しかし考える。
考えずにテキストを読むように話せばいい。
それでいいのだ。
それでいいんだけどな、おそらく。


2017年7月23日 (日)

逓信省熊本航空機乗員養成所

合志の近代遺産を学ぶ会の例会で、
黒石原飛行場(逓信省熊本航空機乗員養成所)
施設遺構の現地を確認をした。
午前9時集合にしたが、暑かった。
奉安殿はかろうじて往時の姿を留めているが、
他は残された写真とコンクリートの基礎などで
過去の姿を想像するのみである。
民家の基礎になったり、道路区画に
面影を偲ぶという行為に何がしかの
意味があるのだろうかと考えると、
それを多くの市民に伝えることの困難さに
ちょっと気後れする。

Dsc_1996
宿舎で洗面所として使われていたらしい場所。
空洞ブロックは戦後再利用されたとき積まれたもの。

午後は本日も合志マンガミュージアム。
第2回合志マンガ義塾は「女性マンガの40年」
1960年代までは、ほとんどの少女マンガは男性作家によるものだった。
70年代に入って、真の少女マンガが始まったと言える。
女性のマンガは女性が描くようになった等など。


2017年7月22日 (土)

みんなの川と海づくりデー(合志市編)

Dsc_1985

くまもと・みんなの川と海づくりデーの活動で、
塩浸川沿いの清掃活動に参加しました。

Dsc_1987

終了後、午前8時少し前の寛永堀。
この後、合志マンガミュージアムのオープン記念式典へ。





2017年7月21日 (金)

合志マンガミュージアム明日開館

6月13日付日本経済新聞に
「文化庁は文化財保護から活用重視に軸足を移している。
歴史や文化を生かした街づくりへの助成もこの一環だ」
という記事があった。
これから30年続ければ、ミュージアムとしての重みが増すだろう。
このリンクも切れないでほしい。


2017年7月14日 (金)

再審請求

Dsc_1912_2

昨日の菊池医療刑務支所。
再審請求中の死刑執行というと思い出す菊池事件。
死刑執行を引き伸ばすための再審請求と言われようと、
請求自体が認められている限り、
何度でも別に構わないのではないか。
犯罪被害者の家族の無念はわかるが、
それとこれとは違う。


2017年7月13日 (木)

スケッチ

本日の菊池恵楓園、講話と見学のお客さんは、
竹田市役所の職員のみなさんでした。
正確にいうと入れ違いでもないですが、
なんと私の母校熊本県立大津高等学校の美術コースの生徒が
スケッチ旅行で竹田市を訪問していました。

竹田市ホームページ→リンク  


2017年7月12日 (水)

合志をめぐる冒険

_20170712_174236

クラッシーノ・マルシェで、お野菜プロジェクト。
スイカシロップのブラマンジュ。
時間の都合で既に作ってあったけど。
地元のスイカとショウガを使える。

Dsc_1879_2

ひまわりドンちゃん号。移動図書館車。
みずき台にて。

2017年7月 9日 (日)

学習コーナー

Dsc_1862

西合志図書館の学習コーナー。昨日。

Dsc_1865


今日はさらに広くなっていました。
ロビーがこんなに広いとは思ってなかった。
しかし、なんで今までこの発想がなかったのか。
私も思いつかなかったが。





2017年7月 8日 (土)

竹迫観音祭

もっと若い頃の自分はお祭り好きだと思っていたが、
これが老化のはじまりなのか、
いや老化どころか、前頭前野の萎縮の兆候か。
何を言いたいのかというと、
竹迫観音祭に行こうかどうしようかと迷った挙句、
やっぱり止めておこうという結論に至ったということだ。
それだけ。
地元から議員あてにご招待を頂いていたので、
ちょっと心苦しいのだが、まだ風の便りも
出来上がってないし、ということでご無礼します。



より以前の記事一覧