2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

合志をめぐる冒険

2018年1月22日 (月)

映画『あん』再び

法学館憲法研究所ホームページから、
坪井龍太さん(東洋英和女学院大学准教授)による

映画『あん』について→リンク

なるほど、1回見ただけでは気づかずにいたことがある。
傷害事件で服役した千太郎の社会復帰も一つのテーマだ。
また、中学生ワカナが飼っていたカナリアを
徳江さんに 託すのだが、徳江さんはそれを
多磨全生園の森に放していたということがわかる。
カナリアは鳥かごを出たら、おそらく自然の中では
生きていけないだろうことを私たちは知っている。
それでも、鳥かごに閉じ込めておけなかった、
徳江さんの気持ちが分かる気がする。
強制隔離の重要なメタファーである。
それを残酷だと単純に非難できるだろうか。

2018年1月20日 (土)

映画『あん』

この映画の中では、「らい」という言葉が何度も出てくるのだが、
少なくとも、現在の合志市では死後相当の言葉であると思う。
まったくいないとは断言できないが、合志市では
それ相応の啓発が進んでいると思う。
今回の上映会に参加した人にとって、ハンセン病に対して
無関心な人はいなかったのではないだろうか。
だから、劇中「らい」という表現で差別がなされるという
信じられない展開があることに、引っかかりを覚える人が
多数いたのではないかと思う。
しかし、合志市では療養所の所在市としてそうであっても、
ごく普通の日本全国では、主人公の元患者が受ける仕打ちは
理不尽ではあっても、ひょっとしたらあり得ることなのかも。
そういう気づきは、私にとっては新鮮だった。
これだけ啓発活動が繰り返されるのだから、
当然正しい認識が広まっていると楽観することには
あまり根拠がないのかもしれない。
ただ、自分にはまったく無関係の、歴史の彼方のこととして、
何も考えないことにも問題はある。
昨日、NHKのドラマ「女子的生活」を見ていて思った。
主人公は仕事で生まれ故郷に帰ることになる。
家族を捨てて、おそらく二度と帰るつもりもなく、
トランスジェンダーとして、女子的生活を送る彼が、
運命のいたずらで、父と兄に出くわしてしまう。
父はそれでも、何とか息子を認めようとするが、
兄はトランスジェンダーの弟がいることが
近隣にバレることを極端に恐れながら地元で暮らす。
それはハンセン病の患者とその家族の関係に通じるものがある。
私はふとそう感じた。
つまりハンセン病の啓発を続けながら、私たちが
語り継ぐべきことは、いつの時代も形を変え立ち現れる、
人間の本性についてであると言えるのではないか。
弱さであると同時に、それは自己防衛本能かもしれない。
しかし、そこに虐げられる他者がいるとしたら、
やはりそれは、間違っているのではないかと問うべきだ。
それを忘れないことである。

2018年1月17日 (水)

大字栄字杉山

昨日、西合志東小学校の5年生(5クラス)約170人を
ボランティアガイド7人で案内した。
入所者自治会副会長の太田明さんの講話だったが、
質問に「なぜ、菊池恵楓園はここに作られたんですか」(大意)
というのがあって、これは地元の小学生とはいえ、
これまで誰も発しなかったもので、太田さんも驚いてた。
答えは、当初熊本市の本妙寺付近にという計画が
地元の反対でうまくいかなく、他の場所をということで、
合志村大字栄字杉山になったということである。
もとは細川藩のお狩場、当時は農商務省所有の杉の苗床。
それが無償譲渡されたとのこと。
まだ国立ではなく、九州6県連合立だった。

Dsc_2972




2018年1月13日 (土)

合志マンガ義塾

本日の講義は「イギリスは日本漫画のルーツ?」。
イギリスで1841年に創刊されたユーモアのある絵(風刺画)
を使った「パンチ」に習って、英国人チャールズ・ワーグマンが
横浜で創刊した「ジャパン・パンチ」が、日本で最初の
漫画雑誌だということだ。
もともと日本人には風刺精神があった。
それは鳥獣戯画以来である。
そして北斎漫画で有名な北斎の浮世絵画が輸出されて
ジャポニスムとして影響を与えていた。
そして、それがまた日本に戻ってきた。それが「パンチ」である。
そういう話。その他諸々。



2018年1月 7日 (日)

出初式と成人式

今日は早朝より、消防出初式に参加。
市の職員をはじめ、区長さんたちとの新年挨拶も。
議員としての出初めでもある。
Dsc_2936

この分団に従弟がいるらしい。
若手の団員の補充ができないのか、
なかなか退職ができないようだ。
Dsc_2942
総合センター「ヴィーブル」が
熊本地震被災からの復旧工事で使えないため、
今年も菊南温泉ユウベルホテルで開催された成人式。
合志市では、これからしばらく新成人の数も増える。

2018年1月 6日 (土)

菊池恵楓園ウォーキング

Dsc_2929

今日は、二男と菊池恵楓園にウォーキングに出かけた。
野球場の駐車場に車を停めて。
自宅から歩くという選択もあったが、
その後、妹の家に行く予定があったので。
コンクリート壁のところまで来たら、
見学コースに入ることもあって、
期せずしてガイドをやることに。






2017年12月29日 (金)

ザ・ヴィクティム・オブ・ラヴ

昨日と今日で自宅の大掃除、窓拭きを。
全然晴れてくれなくて、寒い。
足指の霜焼けがひどくて。
で、今日は元気の森へウォーキングに出かけた。
6周歩いた。
エルトン・ジョンのユーロビートアルバム
『ヴィクティム・オブ・ラヴ』を聞きながら。
「ジョニー・B・グッド」でゆるくスタートして、
次の曲から少しテンポが上がる。
そしてラストのタイトル曲までノンストップ。
まさにウォーキングのための音楽。
そのあと、続いてドナ・サマーを聞きながら歩いた。



2017年12月27日 (水)

総合教育会議

平成29年第2回合志市総合教育会議を傍聴。
(1)ICT教育について
(2)小学校における英語教育について
文部科学省に「教育のIT化に向けた環境整備4カ年計画」があり、
さらに昨年教育の情報化加速化プランが決まった。
世界の趨勢に乗り遅れているという危機感があると思う。
一方で、IT教育については早ければ早いほどいいという
信仰に近い認識がある。
ただ電子黒板やタブレットを使うのは、
チョークやノート鉛筆の代わりに使う道具の話である。
教えなければならない内容(コンテンツ)は増えるばかりなので、
効率的な学習方法が求められるということだろう。
スティーブ・ジョブズを生み出すこととは無関係である。
もうひとつ、多忙な教員の業務量を軽減するためでもある。
また小中学校で英語の授業時間が増えることになる。
本来は「外国語教育の充実」だが、早い話、英語である。
将来の実用性を考えれば、中国語の方が有利だが、
教える人の絶対数が足りない。
いずれにせよ、英語を学ぶことは
英語がわかるとか喋れるだけでなく、
日本とその文化を別の角度から学び直すことでもある。


2017年12月23日 (土)

クリスマスコンサート

Dsc_2862

豊岡キリスト教会でヴィーブル合唱団のクリスマスコンサート。
「見上げてごらん夜の星を」「翼をください」ほか、賛美歌など。
教会とコーラスは相性がいいことを改めて感じた。
いきなりこういう賛美歌を聞かされたら、帰依したくなる。

Dsc_2865
きょうの夕日。




2017年12月21日 (木)

冬の夜のテーブルトーク

午後6時半から西合志図書館で。
2015年国際青年木工コンテスト(トルコ開催)で
最優秀デザイン賞を受賞した河口晴香さん。
姉に影響を受けて、中学生のときから木工をやっていたそうだ。
作品によっては結構重労働なので、
女性のなり手は少なかった。

_20171222_174153

Dsc_2859
これも商品です。



より以前の記事一覧