公共交通機関説

無料ブログはココログ

« マグノリア | トップページ | 歩きながら低投票率について »

2019年6月 5日 (水)

コンフィデンスマンJP

ついに劇場版を見ることができた。
インスタグラムで小出しにされていたので、
映像的には、あれがここに入るのかと確認したようなもの。
騙しだまされというストーリーも考えようでは、
そんなに難しいことではない。
キャラクターと相関図を組み立てた後は、それに飽きないことだろう。
長澤まさみの演技力といっても、そのほとんどは
破壊的な顔面アクションである。
鼻筋はローマンノーズで美形だが、意外と大きな顔。
それは女優にとって天賦の才能である。
映画のストーリー構成上のことだとは思うが、
竹内結子の美貌がより引き立つように撮れているのに、
やはり主役はダー子であり、長澤だということを思い知らされる。
長澤まさみは、まさにジュリア・ロバーツ級である。
ボディを強調しないところが、制作側の自信の現れであろうか。




« マグノリア | トップページ | 歩きながら低投票率について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マグノリア | トップページ | 歩きながら低投票率について »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31