2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな


無料ブログはココログ

« 一箱古本市 | トップページ | 国語とは国をかたる語か? »

2019年5月20日 (月)

付加価値

今朝の熊日朝刊に劇作家の平田オリザさんのインタビューがあった。
若者が地方から離れるのは仕事がないからではなく、
田舎がつまらないからだと。それは芸術だけではなく、
食やスポーツも含めた広い意味での文化が充実していない。
若者が帰りたくなる面白い町をつくること。
付加価値を付けられる人材をどれだけ育てて、
戻ってもらえるか。そういう発想がこれまでの行政になかった。
市民一人一人が自立し、自分の生活を組み立てて楽しめるかが
地方再生の要点になる。
ものすごく重い歯車だが、
誰かが最初に強い力で回し始めれば回る。
実は、平田さんの言うことは、
合志市に合うようで、あまりぴったり来ない。
自分で考えろ、でもある。



 

 

« 一箱古本市 | トップページ | 国語とは国をかたる語か? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一箱古本市 | トップページ | 国語とは国をかたる語か? »