2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の19件の記事

2018年7月30日 (月)

動静(7月16日-22日)

7月16日(月)海の日。ドットJPのスタッフと面談。しかし、本日現在まだ私のインターン生が見つかっていない。
7月18日(水)あじさいの会。大津町オークスプラザ。
7月19日(木)社会を明るくする運動の啓発のため、ヴィーブル文化会館へ。市民大学が始まる前に、保護司会合志分会のメンバー紹介。
7月20日(金)全員協議会。教育施設整備に関する特別委員会。
7月21日(土)御代志市民センターで人権教育研究大会。
7月22日(日)泉ヶ丘自治会の公園清掃。レターバスで、合志マンガミュージアムの一周年記念イベントへ。




2018年7月29日 (日)

動静(7月9日-15日)

7月9日(月)文教経済常任委員会副委員長として、国道387号線及び県道大津西合志線整備要望活動のため、熊本県庁へ。
7月10日(火)菊池恵楓園ボランティアガイド。西合志中学校生徒90名。
7月11日(水)くまみん合志。泉ヶ丘市民センター。松野信夫さんを迎えて。
7月12日(木)菊池養生園で人間ドック。脳のMRIは光の森脳神経外科で。全般で特に異常なし。要経過観察は加齢によるものだろう。
7月13日(金)午前7時過ぎより、合志中学校で社会を明るくする運動の啓発として、ポケットティッシュ、リーフレットを配る。
7月14日(土)午後3時より泉ヶ丘公民館図書室の当番。竹迫観音祭り。
7月15日(日)くまもとパレアで、宝塚市長中川智子さんの講演会。




2018年7月28日 (土)

動静(7月1日-7日)

7月1日(日)泉ヶ丘体育館で、泉ヶ丘自治会親善スポーツ大会。
7月2日(月)予算決算常任委員会。
7月3日(火)社会を明るくする運動推進大会の予定が、台風接近により中止。
出発式も。
7月4日(水)文教経済常任委員会意見交換会。
7月6日(金)定例会本会議。社会を明るくする運動出発式。
7月7日(土)くまもとパレアで、ワークショップ。


2018年7月27日 (金)

安倍晋三氏とNHK番組改変問題

活動報告「風の便り」に、
NHKの番組改変問題について書いている。
参考にしたのは、

NHK vs. 朝日新聞「番組改変」論争 「政治介入」の決定的証拠 News for the People in Japan→リンク

ほぼ出来上がるが、読みにくいような気もする。




2018年7月25日 (水)

ヒートアイランド

ヒートアイランド現象とは、都市部でその基盤的な原因で
周辺部より気温が高くなり、そこだけ熱の島化してしまう
現象を言うのだと思う(気象庁の定義を噛み砕いて記述)。
今年の夏は命の危険を感じるほどの猛暑が、
全国のあちこちで記録されている。
地域によっては、比較的気温が下がるところもあるが、
日本列島なべて記録的な暑さに襲われているようだ。
しかし、記録的豪雨などと違って、
一概に50年に一度という言い方を気象庁がしないのは、
こういう酷暑はこれから珍しくなくなる傾向が
見て取れるからではないだろうか。
つまり、夏場のニッポンは、
列島的に全体がヒートアイランド(複数形でアイランズ)化
してしまいつつあるということなのではないか。

毎日、自宅でも車でも出先でも、
エアコンのお世話になっているが、
多分、エネルギー保存の法則により、室内が冷えただけ、
外部にはその熱量が放出されるので、
そのエネルギーがコンクリートやアスファルトで輻射され、
大気を温める。だから人の日常生活環境では
気温が下がらないということになる。
雨が降って、その熱エネルギーを雨水の気化に変換すれば
少しは違うのだろうが、今年は特にうまく行っていない。
それも人間様の都合で言ってるだけであります。





2018年7月24日 (火)

本日の菊池恵楓園

熊本県主催の「菊池恵楓園で学ぶ旅」150名。
例年と少しプログラムが変わり、
午前中、「壁をこえて」DVD視聴のあと園内見学。
この猛暑続きのせいもあるが、
午後からの見学は気象庁の注意情報的にもアウトだろう。
昼食後、志村さんと太田さんの講話を合わせて1時間。
引き続き、参加者との意見交換が小一時間。
最初はどうなるかと思ったが、
やり取りの内容も充実していたと思う。




2018年7月23日 (月)

大暑

もともと根気がないというか、
集中力持続時間(アテンション・スパン)が短いので、
つい暑さを言い訳にしてしまう。
さて、土曜日は人権教育研究大会。
公益財団法人反差別・人権研究所みえの松村元樹さんによる
「インターネットと部落差別」についての講演。
日曜日は自治会の公園清掃。
その後、合志マンガミュージアムの1周年記念イベントに。
暑いこともあってか、人出はそれほど多くなかった。
レターバスで行き帰り。
川崎のぼるさんの講演は聞かなかった。
というのも、風の便りの編集が遅れているからだ。
で、最初に戻るが私はアテンション・スパンが短い。
病的ではないかとすら思えてくる。
安倍晋三(現総理)、中川昭一(故人)両氏が絡んだ
NHK番組改変事件のことを調べていたが、
途中で寝てしまった。

2018年7月19日 (木)

市民講座

7月の市民講座を受講。
保護司会の啓発でヴィーブルに行ったついでに。
渡邉司法書士さんの遺産相続についての話は、
生命保険の外交をやっているときの研修と、
ファイナンシャル・プランニング技能士の資格試験のときに
それなりに勉強したので、概略は思い出した。
数字的なものはやはりテキストを見ないと言えない。
あと、こうし未来研究所の上田さんの空き家対策について。
空き家対策が立法化される以前に、意見交換したことがあるが、
こういう啓発の機会が設けられるようになってよかった。
受講者の方に現状を認識してもらうことが第一歩だ。
しかし、本日の参加者は100人程度。
終活の課題として、自分たちのこととして考えるきっかけに
なれば幸いだけれど、どうだろう。
アンケートとかインタビューとかが必要ではないか。
窓口に相談に行ってみようと思われたら大成功。
「エリアの再生」にまで目配りする余裕があるだろうか。
それを考えなければならないはずの行政ですら、
長期的な視点があるとは思えない。
いや、仮にあったとしても、将来像から立ち返って、
いま為すべきことを深く考察する余裕がないのかもしれない。






2018年7月18日 (水)

仮庁舎

あじさいの会で大津町へ。
熊本地震被災による建て替えで仮庁舎の大津町役場。
こういう写真って意外と歴史に残らないんじゃないかと思う。

Dsc_4075



2018年7月16日 (月)

昨日と一昨日のこと

14日土曜日、竹迫観音祭り。
車で行き、冷茶をご馳走になって帰る。
昨夜は、くまもとパレアでつながる塾、中川智子宝塚市長の講演会。
本人の引きの強さもあると思うが、
踏み出す勇気、飛び込む思い切りの潔さで道が開ける。
ということもあるという話だが、やはり運の良さだけではない。
同じ人生を生きることはできないように、
ひとぞれぞれの人生がある。



2018年7月13日 (金)

学校啓発

社会を明るくする運動の行事の一つ、
合志中学校の正門他通用口で啓発運動。
保護司は中学校校区で3つに分かれた。
多分更生保護女性会と青少年推進委員もそうだろう。
ポケットティッシュとリーフレットを配ることに
意味がないことはないが、もっと運動の趣旨を伝えることができれば
と思う。作文募集のチラシの効果があったかどうか楽しみだ。

午後、(確か)熱中症注意情報が出ているのに、
石坂繁さんのお墓の草取りに行った。
だいたいいつも小一時間の予定だが、
今日もスパッと切り上げた。
左手人差し指に棘が刺さったのが痛い。

Dsc_4049



2018年7月12日 (木)

人間ドック後

菊池養生園で人間ドックを受診した。
結果は年齢的にはそこそこ良というところか。
ドックとは、船を作ったり修理したりする場所である。
人間が入るドックは、点検はするが修理はしない。
しかしそれ以外は同じだ。
今日は事業所などの健診と一緒だったので午前中は多かった。
腎臓の役割やロコモティブシンドロームについての掲示など、
わかりやすく説明してあり、説得力もあるのだけれど、
誰がゆっくり読むことができるのだろう。
少しもったいないと思った。

自分の身体の状態を知ることは、
健康であることの第一歩である。
人生をよりよく生きるための一つの手段である。
人間ドックには医師の説明と栄養指導がある。
健診が完璧だとは思わないが、まずはそこからだ。

2018年7月11日 (水)

人間ドック前日

明日は年1回の人間ドックの日。
前日は午後9時以降は食事を取らないこと。
水分は午後12時まで大丈夫。

2018年7月10日 (火)

課題

菊池恵楓園ボランティアガイド。
本日は西合志中学校1年生90人。4グループに分かれて。
小学6年か5年生のとき、一度来ているはずなんだけど、
あまり鮮明な記憶はないようだ。
ハンセン病の歴史を学ぶにしても、
人権教育にしても、「何のために」の部分を
全体の学びの中で、どう位置づけるのか。
課題である。

2018年7月 8日 (日)

希望峰

もう何年も会っていないのに、
その声と口調をはっきり思い出せる人。
見た目はクールビューティなのに、威勢のいい熊本弁。
少なくとも5年前にはもう一度行っておけばよかった。
73歳での別れはあまりにも早い。

それだけでなく、今日の葬儀で会った昔馴染みに、
彼女の兄上が亡くなっていたことを知らされる。
出棺の準備中、奥様にその話を聞く。
誰にも知らせるなと言ってあったそうだ。
その思いは尊重すべきだが。
私たち夫婦の仲人を務めてもらった方。
結婚に至るまで随分苦労をかけた。
「知らぬが仏」はその意味は違うと思うが、
たとえ多少の不調はあっても元気にしておられると思っていた。

昨日は弟の命日だったけれど、あのとき
病気療養のことは弟の友達の誰にも言ってなかったので、
結果的には申し訳ないことになってしまった。
本人の意向を汲むということはそういうことだ。
二人を見送ることになってしまった今日、
生きていると、つらいことも多い。
しかしそれは、充実したときを共に過ごしたことがあるから
そうなのだ。きっとそうなのだ。


2018年7月 5日 (木)

アルトマン

映画『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、
そして愛された男』をDVDで見た。
日本では2015年に公開されていたが、やっと見た。
原題は『ALTMAN』で家族を大切にした彼に相応しい。
邦画界では◯◯組という言い方をするが、
アルトマンの場合、制作チーム自体が家族みたいだったらしい。
全部を見ているわけではないが、16歳ぐらいからの
自分の人生と重なっているので、個人的には重たい。
ウィキペディアで今始めて知ったが、2月20日生まれの魚座。
いやあ、なんでこれまで気にしなかったのだろう。
字幕が先月亡くなった寺尾次郎さんだったことも
偶然とはいえ、引きがあったのかもしれない。
アカデミー賞名誉賞の受賞スピーチが良かった。
会場に居並ぶセレブも感激したのではないか。
映画『ポパイ』は退屈だったという印象しかないが、
ロビン・ウィリアムズの映画デビュー作だったとは。
彼のコメントは生前最後の方だろう。

2018年7月 3日 (火)

量るだけダイエット

毎朝、体重を量る。
火曜と金曜、生ごみの日、ごみ袋を量る。
増やさない。なるべく減らすインセンティブ。
量るだけダイエットと言いながら、
厳密には量るだけではない。

2018年7月 2日 (月)

台風接近

学生の頃までは、台風接近という非日常に
かなりワクワク感を持ち、少し心待ちにすることが
多かったのだが、いまはいろいろな意味で被害は怖い。
台風は個体ではないので、忍び寄られても
行ってしまうまでよく分からない。
そこが困る。
困ると言っても、相手は風と雨。




2018年7月 1日 (日)

非難反日

昨日の熊日夕刊の記事。
国立天文台名誉教授の海部宣男さんが
科研費を巡る研究者非難について書いている。
これだけ言われれば反論できないのではないか。
もともと言いがかりみたいなものだが。

「国」は、国民全体のもの、民意で運営してゆくものである。
時々の「政権」は、一時のものにすぎない。
だから、政権が進める政策を非難するのは「反日」ではない。
もしそうなら、野党やそれを支持する国民はすべて
「反日」になる。
さらに、政権を批判する「反日」研究者に研究費を出すな
という人々は、もし政権が野党に回ったら、同じことを
言うのだろうか。それを言わずに政権非難にまわるなら、
自分たちが「反日」になるではないか。


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »