2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 当事者意識 | トップページ | 賛成討論 »

2017年9月20日 (水)

農友会実習所

下段は、ウィキペディアからのほぼ引用です。
9月23日(土)秋分の日に泉ヶ丘市民センターで、
「松田農場 松田喜一先生と黒石原」という講演会を
開催します。講師は農業ジャーナリストの
岡村良昭さんです。
何度も書いているかもしれませんが、
どうして合志市には国県等の公的施設が
広大な面積を占めているのか。占められているのか、
という歴史的な成り行きを明らかにしようというものです。
それは潜在的な成長を阻害していると思われていますが、
果たしてそうなのか。

○プロフィール
1887(明治20)年12月1日 - 1968(昭和43)年7月30日)
熊本県出身の日本の農業研究者・教育者・著述家である。
農業試験場技師時代に松田式麦作法を考案するなど、革新的な食料増産技術の発展に貢献。 自ら日本初の民間農業実習所を開き48年間に亘り生徒を受け入れ後進育成に献身するなど、明治から昭和にかけて日本の農業発展に貢献した。また、全国各地に赴き講演を開き農業技術・精神の普及に尽くした。実習所で直接教育を受けた生徒は約3,600名、講演で講習を受けた者は延べ約40,000名に及ぶ。その傍ら雑誌『農友』を自ら執筆、50年間に亘り刊行し、その他50冊におよぶ著書も執筆した。『農友』は毎号皇室にも届けられ、昭和天皇の巡幸、各皇族の視察を受けた。藍綬褒章・勲四等瑞宝章受章、従五位。「昭和の農聖」と謳われた。

« 当事者意識 | トップページ | 賛成討論 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/65815731

この記事へのトラックバック一覧です: 農友会実習所:

« 当事者意識 | トップページ | 賛成討論 »