2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 宝篋印塔 | トップページ | 観光の光の意味 »

2017年2月 7日 (火)

市議会議員研修会

昨日2月6日、
KKRホテル熊本で熊本県市議会議員研修会が開かれた。

講師 同志社大学大学院総合政策科学研究科
    教授 新川達郎氏。
演題「災害時における議会の対応」

スライド資料の「はじめに」に
すべてがまとめられている。
・なぜ議会が災害にかかわるのか。
・災害時における議会の役割とは何か、また
 議員の役割とは何か。
・災害大国日本を考える。
 :世界でも指折りの自然災害被災地域で生きるということ。
・重なる想定外:被災の拡大から減災へ
教授いわく「誰でも、どこでも、いつでも」被災する。
「想定外」が当たり前。確かにそうだ。

議会の防災体制の整備の項では、
全市的には災害対策基本条例の制定が必要と言われた。
議会と議員には防災マニュアルの作成。
またマニュアルに即した防災訓練と
災害図上訓練(DIG等)の実施で対応例で学び、
いざというとき動かすために、
日常的に心と身体を作っておくことが大事であると。

自衛隊も米軍と共同で図上訓練をやっている。
つまり効果があるということだ。
合志市でも以前DIGをやっている。

2015年8月2日
平成27年度地域防災力向上研修会
リンク 




« 宝篋印塔 | トップページ | 観光の光の意味 »

主に議員としての活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/64864775

この記事へのトラックバック一覧です: 市議会議員研修会:

« 宝篋印塔 | トップページ | 観光の光の意味 »