2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 北朝鮮の核武装 | トップページ | 務めと努め »

2016年9月12日 (月)

ハウリング

社会新報9月14日号の「主張」欄で、
7月26日に神奈川県相模原市の障害者施設で起きた
19人が殺害された事件について書かれている。

「中でも違和感が消えないのは安倍政権の反応(というか無反応)
ぶりだ。加藤1億総活躍相が『加害者が障害者の存在を否定するような
発言をしたことは許せない』と述べたのは8月29日になってからのこと。
安倍首相は事件2日後の関係閣僚会議言及したというが、
中身は一般論どまり。
米国家安全保障会議報道官が直後に
『凶悪犯罪が障害者施設で起きたという事実』に明確に
言及する声明を出し、各国首脳らからも反応が続いたことと比べると、
事実認識と評価を避けたかのような首相の反応ぶりは、
ある意味際立っている」

容疑者が2月に衆議院議長宛てに持参した手紙には、
首相の名前が2回も登場している。
筆者は、容疑者がほめられると思っていたと書く。

ここが、いちばん大事なのだが、
「『世界に8億人の障害者がいて、その人たちにお金が使われている。
それを他に充てるべき」という容疑者に名指しされた首相は、
その考え方は間違っていると、自ら語るべきではないのか」
ここで、安倍首相の、無表情とも言えない、
空っぽの表情が私の目には浮かぶ。

社民党の機関紙である「社会新報」なので、
政権に批判的なのは当然だとしても、
次の一文には頷かざるを得ない。
「『人権』の語り方に一定の政治性はぬぐえないとしても、
およそ人権という価値観にコミットする態度表明を
避けるという点で日本の保守政権は特徴的だ。
しかも、公人の差別発言に寛容なことも公然の秘密だ」

この事件こそ、テロではないのか。


« 北朝鮮の核武装 | トップページ | 務めと努め »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/64195531

この記事へのトラックバック一覧です: ハウリング:

« 北朝鮮の核武装 | トップページ | 務めと努め »