2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 震災アーカイブ | トップページ | 呪文 »

2016年7月22日 (金)

書店と民主主義

「反民主的」な意見を持っていても、それを表明する限り、
民主主義のプレーヤーなのである。相異なる意見がぶつかり合って、
結局何も前に進まないこともしばしばある。
民主主義そのものには、これと決まったプランはない。
意見の優劣を決めるモノサシもないし、目指すべき方向が
予め与えられているわけではない。
だから、なかなか何も決められない。
そのことに苛立ち不満を持つ人も多くいるだろう。
民主主義とは、きわめて面倒くさいものなのだ。
               (以上、引用)

書店に並べ販売する本を選ぶ基準と、
表現の自由との兼ね合い、また極端な思想の場合に、
それを意図的に外すことは民主主義的にどうなのか、
そういったことを議論の俎上に乗せようという試みである。

« 震災アーカイブ | トップページ | 呪文 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/63952390

この記事へのトラックバック一覧です: 書店と民主主義:

« 震災アーカイブ | トップページ | 呪文 »