2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 農業の仲間たち | トップページ | 熊本地震アーカイブズ of 合志市 »

2016年6月10日 (金)

測候所

昔、測候所と呼んでいた場所が
母方の祖父の家のそばにあった。
いまは、ゴールデンラークスの寮になっているのだが、
昨日その裏手で、こういう標識を見つけた。
気象庁のホームページには、その歴史の概略があった。
リンク 

詳しくは参照してもらうとして、簡単に記すと、
測量技術を取り入れるためにイギリス人技師を招聘したのだが、
気象観測も必要だと言われて、そのための器械を購入。
また、日本では地震が多いので、そのための測点が移動しては困る。
だから、地震観測が必要だからということで同時に地震計も買った。
そういうわけで、地震に関しては今も気象庁が発表するのか。
当初、内務省所管だった気象事業は明治28(1895)年4月に文部省に移された。
その後、昭和18(1943)年11月、文部省から運輸通信省所管になった。
気象台は逓信省所管だと思い込んでいたので、黒石原飛行場に近いところに
測候所があったのだと思っていたが、そういうわけではなかった。
ただ、業務上深い関係にはあったのだろう。

1465560752174.jpg

« 農業の仲間たち | トップページ | 熊本地震アーカイブズ of 合志市 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/63759010

この記事へのトラックバック一覧です: 測候所:

« 農業の仲間たち | トップページ | 熊本地震アーカイブズ of 合志市 »