2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« DC武蔵野台出店計画について | トップページ | 自治基本条例の推進について »

2016年2月18日 (木)

芸術新潮の江口寿史

芸術新潮2016年1月号は、江口寿史特集で、
ヴィーブル図書館で見かけたとき、バックナンバーになって
貸出可になってから借りようと思っていたのだが、
いざ借りてきて他のページも見ると、
第2特集がボッティチェリではないか。
わ、買っておけばよかった。

大友克洋と江口寿史の対談がすごく面白くて、
これだけでも買う価値があったのだが・・・

大友「オレと江口寿史が違うのはね、
 おまえは女を描くということ。
 オレは江口寿史がいるから、女は描かないの。
 同じことをしなくてもいいと思ってる。
 おまえ、女が好きなんだろう?」
江口「オレは女に生まれたかったくらい、好きなんですよ」

(中略)

江口「女の人って、すごくいいものですよ。
 もう絶対的にかなわないもの」
大友「自分にないものってこと?」
江口「そうそう。キラキラした最強の存在。
 自分にはなれないから、絵でそこに迫りたい。
 それがオレの原動力です」

江口寿史のこの気持、よくわかる。
本当によくわかる。
というか、この続きも全部引用したいぐらいだが、
あとは図書館ででも読んでくれ給え。


Photo



« DC武蔵野台出店計画について | トップページ | 自治基本条例の推進について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/63230859

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術新潮の江口寿史:

« DC武蔵野台出店計画について | トップページ | 自治基本条例の推進について »