2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 土に親しむ | トップページ | 火山災害対策とは »

2015年12月20日 (日)

火山活動から考える

くまもと森都心プラザで行われたシンポジウム
「近年の火山活動から考える一般市民のための火山災害対策」
に参加した。日本損害保険協会の主催。

まず、清水洋(九州大大学院理学研究員教授/火山噴火予知連絡会副会長)
が、「火山噴火予知の実力と災害軽減のためにすべきこと」を講演。
火山の噴火とはどういうことかを、わかりやすく解説してもらった。

清水教授によると、火山噴火予知の5要素とは、
いつ(時期)
どこから(場所)
どれくらい(規模)
どのような(様式)
いつまで(推移―終息)

結論から言うと、
火山噴火予知実現(つまり5要素の達成)への道のりはまだ長い。
「どのような」と「いつまで」の部分が現在のところまだできない。

レジュメをそのまま掲載したいほど。しかし、そうも行かない。

第2部のシンポジウムは、
「今後、必要となる火山災害対策とは」がテーマ。
コーディネーター:木村拓郎(減災・復興支援機構理事長)さん
パネリスト:池辺伸一郎(阿蘇火山博物館館長)さん
       岩田孝仁(静岡大学教授/前静岡県危機管理監)さん
       清水洋(前出)さん
       宮下加奈(ネットワーク三宅島代表/
         火山地域の市民団体相互支援ネットワーク事務局長)さん

岩田さん「災害は公平平等ではない。偏在して起きている。
税金を公平に使うという考え方の転換が必要である」
「防災は想像力である。どんなことが起きるのか、
それぞれの立場で想像をたくましくしなければいけない。
その想像力のためにはデータを提供するというサポートが必要。
また考えたらそれを実行しなければならない。
自助共助をきちんと支えるのが公助である」


Photo
森都心プラザから、JR熊本駅を望む。
       
       

« 土に親しむ | トップページ | 火山災害対策とは »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/62906131

この記事へのトラックバック一覧です: 火山活動から考える:

« 土に親しむ | トップページ | 火山災害対策とは »