2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 熊本県知事選の行方 | トップページ | 風の便りを掴む »

2015年10月 3日 (土)

恋愛ドラマ体質

TBS系(熊本では熊本放送)で、
「三つの月」というスペシャルドラマを放送していた。
午後の1時間半、このドラマに没頭してしまい、
実に胸がキュンとなった。

最近はあまり読まないが、恋愛小説が好きである。
恋愛ドラマや映画も好きだ。あまり見ないけど。
他人の恋などどうでもいいことなのだけれど、
もし自分があの立場だったら、とか思って見てしまう。
よく考えたら、恋愛ものに限らず物語に自己投影しがちなのは、
これは素質と言っていいかもしれない。
だから、なるべく実生活から遠ざけておくべきなのだ。

その「三つの月」、
NHKの連続ドラマ「紙の月」でも主演していた原田知世である。
ブレンディのCMでは思い切り生活感ないのに、
ドラマでは、こんな風に自分を押し殺して暮らしている
女性がいるんだろうなと思わせる演技があざといぐらい。
そんな女性が、その状況に流されたと思われる恋をする。
八千草薫さんが、見事にある別の形の愛を演じるので、
その対比がドラマに深みと同時にファンタジー感を与えている。
中年男の私は、ドラマでよかったよと少し安心する。

最初は夫婦で見ていたが、
妻は恋愛ドラマ体質ではないようで、
今晩の献立を、料理の本と冷蔵庫の在庫とを
比較検討し考え始めた。
おまけに意見を求める。

最後の方で、原田知世演じる主人公が、
廊下で「痛っ!」と声を上げるシーンがあるのだが、
音声さん、そこだけで芸術祭奨励賞を取れるかもしれません。
芸術祭参加番組でした。
だから、切なくもきれいに終わったのだ。


« 熊本県知事選の行方 | トップページ | 風の便りを掴む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/62403705

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛ドラマ体質:

« 熊本県知事選の行方 | トップページ | 風の便りを掴む »