2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 中津更生保護サポートセンター | トップページ | 詩画詩稿展 »

2015年10月30日 (金)

老いを見つめて

10月25日 日曜日

熊本市九品寺の法泉寺で、なかお画廊3周年企画として、
山田太一×木下晋特別対談「老いを見つめて」があった。

うわ、もう1週間近く前になる。
木下さんは、鉛筆で細密画とも言うべき人物画を主に書いている。
誰もやっていないことをやらないと、ニューヨークでは目立たない、
ということが原点にあったのだという。

山田太一さんは「ふぞろいの林檎たち」や「岸辺のアルバム」で

知られる脚本家・小説家である。古い作品ばかりで紹介するのも
気が引けるが、そういう記事ではないので。

山田「リアリズムの概念を描いているような
陳腐なリアリズムを脱するかどうかにかかっている」

木下「リアリズムなくして絵画は成り立たない。
自分の心の中で感じたもの、魂で感じたもの、
それが表現になったもの、写実ではなく」

山田「広告の絵みたいな発想、つまり多くの人が
これはリアルだと思うものではないもの」

大体こんな感じだったと書いて、
誤解を与えそうな気もするのだけれど。




« 中津更生保護サポートセンター | トップページ | 詩画詩稿展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/62581527

この記事へのトラックバック一覧です: 老いを見つめて:

« 中津更生保護サポートセンター | トップページ | 詩画詩稿展 »