2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« LINE MUSIC | トップページ | 買い物難民を救え! »

2015年6月14日 (日)

一粒万倍

昨年の11月15日の熊日に、
谷川俊太郎さんの作品めぐる映画として、
ドキュメンタリー『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』
(杉本信昭監督)についての記事があった。

その中で谷川さんは
「どんなものにも存在しているだけで、そこに詩がある。
発見できるかどうかはこちら側の問題」と話す。
「真摯に生きていることのリアリティーに触れれば、
詩が見つかる感じがします」

全国農業新聞6月12日号の「一粒万倍」、新潟県十日町市
農業委員の佐藤可奈子さんの文章に、
「山から下りてくる、ひんやりとした風が耳の裏を通って、
ふと顔を上げる。カッコウが、空に判を押すように鳴いている。
気持ちのいい季節がやってきた」と書いている。

谷川さんの言葉を思い出した。
「カッコウが、空に判を押すように鳴いている」
「本当に生活している人の中から出てきた言葉」
そのものである。


« LINE MUSIC | トップページ | 買い物難民を救え! »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/61737664

この記事へのトラックバック一覧です: 一粒万倍:

« LINE MUSIC | トップページ | 買い物難民を救え! »