2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 社会を明るくする運動 | トップページ | 地方議会に関する研究 »

2015年6月17日 (水)

メディア芸術データベース

6月10日の日本経済新聞電子版に下記の記事があった。
「明治初期以降のマンガ約33万冊をはじめ、
アニメやテレビゲームなどの作品情報を収録した
大規模なデータベースを文化庁が立ち上げた。
作品名や著者、発表時期などがインターネットで検索できる。
日本のアニメやゲームが「クールジャパン」として注目を集める中、
海外向けの情報発信にも活用する方針だ」
メディア芸術データベース→リンク  

特に思いつくものもないので、「宮谷一彦」で検索してみると、
単行本も作品収録雑誌も、それがいまどこの図書館に
収録されているかがわかる。
一般の人に意味のある、価値のあるものかと問われれば、
それが人類の遺産の一部であり、残すべきものであると答えよう。
「クールジャパン」と名付けなければ、国費が使えないという
そういう事情も斟酌しつつ、この事業遂行を喜びたい。







« 社会を明るくする運動 | トップページ | 地方議会に関する研究 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「絶歌」の太田出版に好意的なツイートとは。
税金で生きている人間が、遺族の了解がない犯罪の手記に肯定的だなんて驚きです。
あなたが遺族でもそう思いますか?
人間に寄り添えない人間なんですね。然るべき場所に苦情をいれ、次回改選ではあなたが選ばれないことを望みます。望むだけでなく動きます。

コメントありがとうございます。
「絶歌」本文を読んでいないので、内容についてのコメントではありません。
私は市議会議員であると同時に、法務大臣から委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員(無給)である保護司なので、
どんな罪を犯した人でも、罪を償い更生することができるということが
前提でその活動をしています。
出版社のコメントは次のようなものです。
「社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があったのか、見つめ考える必要がある」
これを遺族の了解がないという一点で非難しては、同様の悲劇を繰り返さないために、社会は何をなすべきかが問われないことになります。
ツイッターの記述は、あくまで、出版社のコメントについての評価です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/61754922

この記事へのトラックバック一覧です: メディア芸術データベース:

« 社会を明るくする運動 | トップページ | 地方議会に関する研究 »