公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 第2次基本構想の行方 | トップページ | 定例会開会しました »

2015年2月23日 (月)

選挙パスポート

先月の成人式関連のニュースに
選挙パスポートの発行というものがあった。
思い出して検索すると、山口県宇部市のものがあった。
リンク  
オリジナルは、岐阜県関市らしい。

日本人には、一生の間に約100回は選挙の機会があるそうだ。
大きさはパスポートサイズで、投票所でスタンプを押す。
これを聞いたとき、有権者手帳を考えていた私は、
そういう手もあったかと虚を突かれた。

しかし、スタンプを集めるだけでは、有権者としての
責任を果たせないと私は思う。
有権者手帳では、誰にどのような理由で投票したかを記録する。
もらっても、きちんと記入する人はいないだろうと、
決めつけてはいけませんね。
成人式の記念品とはそういうものであるべき。
ただ、近々投票年齢が18歳に引き下げられる。
高校卒業時に贈るのもいいが、
全員が高校に行くわけでも、卒業するわけでもない、か。


« 第2次基本構想の行方 | トップページ | 定例会開会しました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙パスポート:

« 第2次基本構想の行方 | トップページ | 定例会開会しました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31