2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 絶叫!パニック映画大全 | トップページ | ハンセン病に関するシンポジウム »

2015年1月15日 (木)

学校給食を考える

昨夜、合志市須屋市民センターで、
こどもの給食を考える会くまもと主催の
「合志市の給食センター化と調理の民間委託について」
の座談会に参加した。

まだ子どもが小さいお母さんから、
いま給食のお世話になっている小中学生がいる方まで
(若いという表現は、ポリティカリーに不適切な気がして
使いにくい)、10数人の会だった。

現在、合志市内の各小中学校で、学校教育課による、
自校給食のセンター化等の説明会が行われていると聞く。
昨日、改めて気づかされたのは、
仮に新しいセンターが作られるにせよ、
最短でも3、4年はかかるだろう。
つまりいま就学前の子どもたちの親御さんは、
すでに決まった方式を受け入れざるを得ないということ。

しかし、もう少し長いスパンで見れば、
いずれその議論があったことも知らない世代に入れ替わってしまう。
逆に言えば、そういう次世代のために、
しっかり議論して、最善の道を選ばなくてはいけない、

そういう責任があるのだ。
最終的には、教育委員会であり、市長であり、
それを承認する議会ということになるか。




« 絶叫!パニック映画大全 | トップページ | ハンセン病に関するシンポジウム »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/60978925

この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食を考える:

« 絶叫!パニック映画大全 | トップページ | ハンセン病に関するシンポジウム »