2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 議会広報 | トップページ | 記憶・証言 »

2014年12月27日 (土)

日米密約 不開示が確定

新聞でも今年の10大ニュースが出る頃だ。
わが家(つまりワタクシ)では、いま7月分を熟読中。
で、今年の10大ニュースのトップに、
「沖縄返還 日米密約 不開示が確定」
「最高裁 西山元記者の上告棄却」
を上げようと思った。

1972年の沖縄返還をめぐる日米間の密約に関しては、
密約の存在自体は、当時の状況で致し方なかったところも
あるのではないかと、現時点から歴史的な判断を下すこともできる。

しかし、文書を廃棄してなかったものにすることは許されない。
「密約そのものの存在と、文書が存在したことは否定せず、
政府が文書を破棄した可能性があるとした二審の判断を維持した」
遺棄してしまえばいいのか、なんて不心得者ばかり。
ということはないだろうが、
いいころ加減な特定秘密保護法が施行されたいま、
ますます、いい加減な国になってしまうだろう。
しかし、それについて国民の大半が何とも思っていない。
もし、思っているなら、きちんとそう言明しようではないか。

7月16日の熊日の記事で、西山太吉さん(82)は憤る。
「外交交渉の結論を記した文書は国民共有の知的財産。
本来は永久保存しなければならないのに、
文書がないことを判決が正当化してしまった」

同様に行政文書は、地方自治体にとって住民共有の知的財産。
それが分からなければ、TPPを語ることもできない。





« 議会広報 | トップページ | 記憶・証言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/60873140

この記事へのトラックバック一覧です: 日米密約 不開示が確定:

« 議会広報 | トップページ | 記憶・証言 »