2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 迷彩服の胸の辺り | トップページ | 事業検証会 »

2014年8月30日 (土)

市民カレッジ「合志市の農業について」

8月20日(水)

泉ヶ丘市民センターで、市民カレッジの第2回目。
今回は、生涯学習課の出前講座の特別メニューでお願いしました。

テーマは「合志市の農業について」
市役所農政課から、冨加美課長と大茂課長代理に来てもらった。
のに、受講者は私を入れて、5人。
そのうち、1人は熊日の武蔵台販売店から。

用意してくれたパワーポイントは、
まず花の名前宛てクイズから。もちろん農産物の花です。
ツカミはオッケーだったので、
これはぜひ、もう一度どこかでやってもらいたい。

統計数字は、以前と違って農協でほぼ把握できる時代ではないので、
産品個別、あるいは合志市ではとかいうくくりがむずかしいようだ。
指標としての数字と実態の関係を理解する必要がある。
地産地消とか有機農業が、農政全体でどういう位置を占めるのか、
など、いわゆる消費者が学習しなければいけないことだ。
が、知らなくても食っていけるというのが、
食糧供給の安定性、惰性というものなのですね、これが。

スイカは合志市の主要農産物だが、
世界の中では、日本は第26位、占有率0.36%だそうです。
では、世界一は?

それは中国で、
なんと7割を占めているそうです。
あと、2位イラン、3位ブラジルと続きます。
こういうことを知ることが楽しいと思ってもらえればなあ、
というのが市民カレッジをやる理由の一つであります。


« 迷彩服の胸の辺り | トップページ | 事業検証会 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/60231439

この記事へのトラックバック一覧です: 市民カレッジ「合志市の農業について」:

« 迷彩服の胸の辺り | トップページ | 事業検証会 »