2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« アマリリスの棘 | トップページ | いまを詠む »

2014年5月25日 (日)

伝えたい 私の戦争

5月24日 土曜日

熊日本館2階ホールで開催された、
記憶のバトン、未来につなぐ――シンポジウム
「伝えたい 私の戦争」に参加。

風邪がまだ治ってないので、
大勢が集まる場所は遠慮すべきなのであるが、
このご時勢、行っておかなければと出かけた。
しかし、風邪薬の影響もあり、
というか、就寝中の咳により、睡眠不足がたたり、
半分は寝ていた。

薬の副反応で、頭もぼっとしている。

大分県宇佐市の豊の国宇佐市塾の平田崇英さんの話が、
いわゆるひとつのまちづくり団体の活動として
参考になるところが大きかった。

昭和62年9月に開塾、
当初のテーマは「宇佐再見」として、市のアイデンティティとは何か、
とにかく細かく見て行こうということだったらしい。
また、キーワードが「国際化」であったことは、
全国的にそういう時期だったと思う。
結婚して家庭を持った時期だったので、
私はその頃、社会的な活動を、まったくやっていなかった。

「戦争遺跡に学ぶ~宇佐航空隊と向き合って」

豊の国宇佐市塾では、
まず「宇佐市にゆかりの人物や、航空隊の歴史などに取り組み、
作家横光利一、横綱双葉山ら5人の人物の紹介本
「宇佐細見読本」をシリーズで刊行。
地域づくりは個人に情報が集まるので、
のちの人に伝えるには活字にしなければならない、
という考えがあったようだ。
つまり、アーカイブズの着想である。
その過程で、平成元年から宇佐海軍航空隊の調査に取り組んだ。

アメリカの公文書館(確か)から、
大量の資料を取り寄せた中に、黒石原飛行場の爆撃映像もあった。
米軍機は「ガンカメラ」を搭載していたため、
空襲の映像が多数残っていると。
機長が空襲成功の報告するときの動かぬ証拠にするためと、
平田さんは言われたが、統計学的な意味もあるのではないか。

詳しくは、熊日本紙に掲載があると思うので、
今日はこの辺で失礼します。

本日は、くまもとパレアで、熊本県詩人会の定例総会だった。











« アマリリスの棘 | トップページ | いまを詠む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/59705553

この記事へのトラックバック一覧です: 伝えたい 私の戦争:

« アマリリスの棘 | トップページ | いまを詠む »