2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 競争率3倍強の読書探検隊員たち | トップページ | アスカの地上絵 »

2014年5月20日 (火)

保護司定例研修

5月16日 金曜日

平成26年度第1期地域別定例研修
「報告書の作成」

〈研修のねらい〉

保護観察は保護観察官と保護司の協働態勢で行われ、
保護観察経過報告書は保護司と保護観察官をつなぐ重要な架け橋です。
また、保護観察経過報告書は、対象者への処遇を検討するための
資料となるだけではなく、保護観察の実施という社会からの要請を
果たしていることを証明する行政文書でもあります。

保護観察の対象者とは。

①家庭裁判所の決定により、保護観察所の保護観察に付する旨の
保護処分に付されている者(保護観察処分少年)
②少年院からの仮退院を許されて保護観察に付されている少年
(少年院仮退院者)
③仮釈放を許されて保護観察に付されている者(仮釈放者)
④裁判所で刑の執行を猶予され、その期間中保護観察に付する旨の
言渡しがなされて保護観察に付されている者(保護観察付執行猶予者)
⑤婦人補導院からの仮退院を許されて保護観察に付されている者
(婦人補導院仮退院者)
の5種類です(更生保護法48条、売春防止法第26条第1項)

パソコン遠隔操作ウィルス事件の片山祐輔被告は、
③に該当していたのであろうか。




« 競争率3倍強の読書探検隊員たち | トップページ | アスカの地上絵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この件に関して、片山被告は仮釈放ではなく、保釈だから該当しないのではないかという意見がありました。確かに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/59676140

この記事へのトラックバック一覧です: 保護司定例研修:

« 競争率3倍強の読書探検隊員たち | トップページ | アスカの地上絵 »