2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 横道世之介 | トップページ | 年に一度の大合唱 »

2014年4月28日 (月)

鹿北弁ルポ

山鹿市鹿北総合支所職員の北原チヅさんを
知っている人は、そう多くはないだろう。
今年の冬、熊日夕刊の「きょうの発言」に
連載があったので、読んだ方もいるかもしれない。

彼女は合併前の旧鹿北町で広報誌担当として、
確か町の広報誌をコンクールの最優秀賞受賞に導いたと記憶する。
彼女の「きょうの発言」に刺激されて、
私もfacebook上で「合志写真部」というのを始めた。

2月19日付の「鹿北弁ルポ」では、
当時「あぁ、愛しの鹿北弁」というコーナーを作った話だ。

「全32回、いろいろな場面とともに鹿北地域で使われていた方言を
活字に残すことができた。
鹿北地域には、歴史ある神社仏閣、石橋、鹿北茶山唄など、
文化が今なお残っている。方言も立派な文化だ。
そんな文化や人と正面で向き合って仕事をしていきたいと思う」

こんな職員さんがいる自治体は幸福である。
ネットで検索しても出てこないが、
山鹿市の図書館に行けば、旧鹿北町の広報誌が読めるのだろうか。
武雄市立図書館の除籍リストの中身がひどいと
一部で話題になっているが、
地元の住民が常に意識していないといけないことだ。
もちろん、それらに価値を見出す素養をつける教育が必要なことは
言うまでもない。




« 横道世之介 | トップページ | 年に一度の大合唱 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/59546449

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿北弁ルポ:

« 横道世之介 | トップページ | 年に一度の大合唱 »