2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 子ども劇団第13回公演 | トップページ | 内田先生の農政について »

2014年3月 2日 (日)

聖徳太子の憲法十七条

昨年12月22日の熊日くらし面にあった
「雨の日も晴れの日も」に勝延寺前住職の吉津隆勝さんが
「『違い』を受け入れる『和』」という題で書いていた。

引用すると、

「人みな心あり、心おのおの執るところあり」
聖徳太子の憲法十七条・第十条の一節にそうある。
条文の主な部分を現代語訳すると次の通り。

「人それぞれ思いは異なり、自分がこれだと思う考えがある。
人が良い、善だと思っても自分は認めることができず、
自分が良い、善だと思っても人は認めようとしない。
私は必ずしも聖者ではなく、他人もまた必ずしも聖者ではない。
共に凡夫なのだ。
誰がどうして善悪の理を決められるだろう」

自民党の憲法改正草案(改正という語自体がおこがましい
という意見はこの際置いて)は、
こういった歴史に学んだほうがいいと思うが、
何しろ、戦後レジームしか頭にない人ばかりである。

謙虚になれば、
私の意見だって、自分で正しいと思っているだけかもしれない。
いや、間違いなく間違ってはいないと思うのだが、
そういう態度はよくない、お互いに認め合わなければいけない。
と言ったって、現実にはそんな譲り合っていても
前に進まないことは多い。
そういうときは、立ち止まって、前進は善かと
問うてみるべきである。
ただ、前進か後退かも主観によると言われそうだが。







« 子ども劇団第13回公演 | トップページ | 内田先生の農政について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
この記事は私にとってとても意味のある言葉がたくさんあります。
ありがとうございます。
自分の戒めの言葉として、メモしておきます(^-^)

ほとんど引用ですが、
お役に立てて、ブログとしても光栄です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/59224964

この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳太子の憲法十七条:

« 子ども劇団第13回公演 | トップページ | 内田先生の農政について »