2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« パークアンドライド | トップページ | 竹富町:生きた公民教科書 »

2014年3月14日 (金)

続・パークアンドライド

昨日のパークアンドライドのファイルに
平成12年11月12日の熊日論壇のコピーがあった。
永六輔さんが「熊本から自転車の街づくりを」と書いている。

全国の駅周辺で自転車の迷惑駐輪は
自転車を電車で運べないから。
また、駐輪禁止ではなく、自転車捨て場として、
感謝の言葉とともに、他で役立たせてもらうと書いたらどうかと。

「熊本が、日本でただ一つ、自転車を運ぶ鉄道がある街だからです。
熊本を、日本一、自転車が走りやすい街にしてください。
それは同時に、ベビーカーや車いすにとっても、
日本一便利な街です」と続きます。

また、あちこちの街路にある花壇をやめて、
その代わりに野菜を植え、町を農村化したらどうかという提案。
また街路樹を果実のなる木にする。
これはいくつかの市で行われていて、
地元の小学生が収穫まで管理しているそうだ。
今も続いていればいいな。

忘れたころに読むと、こんないいアイデアがあったのだと
新たな発見がある。これがスクラップ&ビルドである。
ちょっと違うかな。

自転車のまちづくりも、
熊本市では少しずつだけれど進められてきた。
駐輪場の整備でも一定の効果が出ているようだ。
バリアフリーも、認識だけはあるようだし。

それが、あれから14年目ということだろう。
遅くても歩みを止めずに行きましょう。


« パークアンドライド | トップページ | 竹富町:生きた公民教科書 »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/59290166

この記事へのトラックバック一覧です: 続・パークアンドライド:

« パークアンドライド | トップページ | 竹富町:生きた公民教科書 »