2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 安藤美姫の選択 | トップページ | 道徳の時間 »

2014年1月20日 (月)

気づきうなずき合志市の植物

1月18日(土)

合志市男女共同参画気づきうなずきフェスティバルが開かれた。
これは、オープニングのひかりの森保育園児によるキッズダンス。


慈恵病院看護部長の田尻由貴子さんの講演、
「いのち~『こうのとりのゆりかご』が映し出す社会~」も
聞きたかったのだが、
ちょうど同じ時間、おなじヴィーブルの研修室で、
市民大学「合志市の植物」が開かれたので、そちらへ。

講師は、熊本記念植物採集会会長の東矢力也さん。
合志市には、高い山も海も川もないので、
合志市の植物と言ったって、特別なものはありませんと言われた。
これはなかなか示唆に富む発言である。
合志市の特徴、というか特徴のなさこそが合志市らしさだから。

しかし、開発だけではなく、人や物の交流は、
もともとそこにはなかった植物の入り込みをうながし、
繁殖力の弱い種は淘汰される。
ただ、動物に比べて植物の種類はあまりに多いので、
絶滅危惧種と言っても、動物ほど注目されないと、
先生はさらっといわれた。
長い時間の流れの中では、結構重要なことなんだけれど。

人間の営みを自然と対立するものと考えるかどうかは
いろいろな立場があり、人それぞれだろう。





« 安藤美姫の選択 | トップページ | 道徳の時間 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58980986

この記事へのトラックバック一覧です: 気づきうなずき合志市の植物:

« 安藤美姫の選択 | トップページ | 道徳の時間 »