2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 公文書の保存管理は歴史に対する責任 | トップページ | 宇宙からいも »

2014年1月31日 (金)

クール・ジャパンの原点

元CBSソニーの洋楽ディレクターだった野中規雄さんが、
熊日に「ロックをたしなむ」というエッセイを連載していた。

その中に、チープ・トリックについて書いた回があった。
日本では本国である米国より先に人気に火がついた彼らが、
来日するとき、そのライヴを録音してレコードにしようと企画した。
その『チープ・トリックat武道館』は、日本限定発売だったのに、
米国のラジオで紹介されるや大反響を呼び、
逆輸入され、400万枚の大ヒットになった。

野中さんは書く。
「結果的に私のキャリアの代表作となったのだが、
狙ったわけではない。
『少女たちの喜ぶ顔が見たい、
記念品を作ってあげよう』という思いで制作しただけなのだ」

無欲の勝利というわけではないと思う。
野中さんは音の職人でありたいと願い、
レコード業界という製造業界の端くれで、
そのチャンスをうかがっていたのだ。

"I Want You to Want Me"という曲で、
スタジオ録音ではエコー処理されたヴォーカルのリフに
感極まった少女たちが、コーラスで応えるという情熱の発露。
そういうところが、米国でも人々を惹きつけたのではないだろうか。
メード・イン・ジャパンがライジング・サンだった時代。
クール・ジャパンの原点と言えるのではないか。




« 公文書の保存管理は歴史に対する責任 | トップページ | 宇宙からいも »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/59046445

この記事へのトラックバック一覧です: クール・ジャパンの原点:

« 公文書の保存管理は歴史に対する責任 | トップページ | 宇宙からいも »