2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« IPCC新報告書 | トップページ | 人吉海軍航空隊跡 »

2014年1月13日 (月)

フォークルさよならコンサート

風呂を掃除しながら、ザ・フォーク・クルセダーズの
『フォークルさよならコンサート』を聞いた。
プロデビュー後のフォークルは、3枚のアルバムを残した。
1枚がスタジオ録音で、あとの2枚はライヴである。
当時のフォークソングの状況そのままで懐かしい。
『民謡大温習会』も素晴らしいギャグにあふれていて
(脚本は永六輔さん)、大好きだが、
つい最近やっと手に入れた最後のコンサート実況も、
選曲といい、会場の観客との一体感といい、
ライヴアルバムのオールタイムベストに入れられるのではないか。
ジャンル分けのむずかしい音楽でもある。
でも、批評精神にしても音楽性にしても、コメディとしても
優れた日本文化の承継と発露であることは間違いない。
欧米の音楽を消化しつつ、和製ポップスを発展させた。
クール・ジャパンの原点とはこういうところにあるのではないか。
それなのに、CDは廃盤のままである。
紙ジャケットもあったのだろうか。
ずっとその存在を忘れていた自分が悪いのではあるが、
日本人ももっと過去の作品を大切にしたほうがいい。
少なくとも、アーカイヴズとしては残されるべきである。



« IPCC新報告書 | トップページ | 人吉海軍航空隊跡 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58938736

この記事へのトラックバック一覧です: フォークルさよならコンサート:

« IPCC新報告書 | トップページ | 人吉海軍航空隊跡 »