2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« イエスタデイ | トップページ | いよいよ最後のあまちゃん »

2013年12月29日 (日)

オウン・ゴール

安倍晋三首相の靖国神社参拝については、
すぐに書こうと思ったのだけれど、
外交的に見て、どうにも不可解なので、
鋭い論評を読んでからにしようと考えた。

しかし、世界中の誰もが、さっぱりわけがわからない、
という点では一致しているのではないか。
オーストラリアの新聞だったか、オウン・ゴールという表現、
まさにそれしか適当な表現がないような。

付け加えるなら、自己満足のオウン・ゴール。

確かに中国・韓国との関係が
これまでよりこじれるだろうとか、
米国の対応がさらに冷たくなるだろうという予測はあるが、
何となく、極端に悪くなることはないような気がする。
一時的な反発で終わりそうでもあるし、
日本国民にとって、別にそれほど重大な問題ではない。
そこら辺を見通して、強行突破、いや強行参拝した安倍首相は、
意外と計算高いのかもしれない。

結局、積極的平和主義で不戦の誓いで行けば、
文句ないだろうということを、
きちんと説明していくと言っている。
しかしそれは、説明するではなく、実効あるのみである。

予期せぬ衝突があったときに、
大事に至らぬように、それを回避すべきなのは、
日本だけではなく、中国・韓国でも同じことだ。
私は安倍晋三首相とはイデオロギー的に相容れないと思っていたが、
ひょっとすると、それほど思想的なこだわりがない人なのではないかと
思い始めている。

そういう見方で、政策を見ていくと、
意外と大物政治家なのかもなあ、という気もしてくる。




« イエスタデイ | トップページ | いよいよ最後のあまちゃん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58841946

この記事へのトラックバック一覧です: オウン・ゴール:

« イエスタデイ | トップページ | いよいよ最後のあまちゃん »