2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ライス回顧録 | トップページ | 熊本都市圏協議会 »

2013年11月 7日 (木)

国民投票「20歳以上」に?

昨日の熊日朝刊に、
「国民投票『20歳以上』 自民、方針転換へ」の記事。

自民党憲法改正推進本部が役員会で、
「国民投票の投票年齢を『18歳以上』に確定させるこれまでの内容を見直し、
民法の成人年齢や公選法の選挙権年齢を18歳以上に引き下げるまで
『20歳以上』とする方針を固めた」とのこと。

私がいま、高校生だったら、これは黙っちゃいられない。
私が高校生だった当時は、学生運動の燃えかすがまだ残っていたので、
いまの高校生の感覚とは違うかもしれない。

しかし、いまの高校生、まもうすぐ18歳になる諸君には、
このことをしっかり考えてもらいたい。
20歳以上に据え置くことが良くないと言っているわけではない。
そういう決定が党内融和のために、
いとも簡単に覆されることに怒るべきではないのか。

そりゃ、50代後半の私からすれば、
18歳の青年に選挙権を与えることに意味があるのか、
多少の不安もないではないが、それ以上に
政治に関して責任を持つ年齢が早まることに期待する気持がある。

民法の成人年齢との兼ね合いがあることも分かるが、
それを乗り越える議論を、果たしてしっかり自民党内でやったのかどうか。
MSN産経ニュースには、「法整備のめどを『速やかに』とする案や
『3年以内』と明記する案が出ている」とあった。

憲法改正で将来の長きにわたって強い影響を受けるのは、
いまの若者たちなのだから、自分のこととして考えてもらいたい。
もちろんその目的である憲法改正草案についても、である。

自民党は、拙速に憲法を改正してしまいたいのだろう。
この件では、そういう下心が透けて見える。

憲法改正のための国民投票にまつわる優れた青春小説
『バイバイ・フォギーデイ』について書いた記事は
→「18禁未来小説」 リンク 




« ライス回顧録 | トップページ | 熊本都市圏協議会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58532707

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票「20歳以上」に?:

« ライス回顧録 | トップページ | 熊本都市圏協議会 »