2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 国民投票「20歳以上」に? | トップページ | モビリティウィークのポイント »

2013年11月 9日 (土)

熊本都市圏協議会

昨日は午前中、菊池恵楓園で、合志中央小学校の6年生を案内、
午後は、くまもと森都心プラザで開かれた
熊本都市圏協議会公共交通作業部会講演会に参加。
講師は、元埼玉県三郷市職員の大野練夫(おおのいさお)さんで、
国土交通省関東運輸局地域公共交通マイスター。
演題は、地域公共交通の確保維持・活性化の取り組みである。

三郷市の場合、首都圏の中でも都心部に近く、
鉄道や幹線道路も走っていて、もともと好条件の上に、
住民はバス網の充実を渇望していた。
またその上、新規参入したい事業者が複数あったなど、
その時期を外すことはあり得なかったと思うんだけど、
市長がその気にならなければ、何にも始まらない。
「自治体の予算は市長のビジョンに左右される」とね。

そうは言っても三郷市の場合、
路線バスの経営自体は民間でやってもらうと一本筋が通っていて、
行政は、プランナーであり、コーディネーターであると、
最初からきちんと役割分担が考えられていた。
好条件がそろっていたからだ。
とどめは、つくばエクスプレスだったようだ。

大野さんの話でも、
たとえば「衣・食・住+情報+交通」というように、
移動権というか、移動が自由にできることが
当然のこととして求められる時代だという考えがあった。

バスはもともとオムニバスというワードであったように、
乗り合うことが重要だという大野さんの視点は、
多少ひいき目に思えるが、大切なことだと思う。

他に特徴的だった意見としては、
バスロケーションシステムは、遅れることが前提のシステム。
それより先に、渋滞解消に取り組んだのか。
同じお金なら、交差点改良に使うべき。
なぜなら、道路は車だけが走っているわけではないから。
この辺は、なるほどなと思わされた。

成功した都市だからこそ言えるのだろう、などとは思わずに、
わが市の条件に当てはまる公共交通を考えなくてはいけない。
という月並みな結論になりましたね。

各市町村の担当者がわんさと集まっていて模様だが、
これって、それぞれの自治体の今後の政策に
本当に活かされるのであろうか。
まずは、講演を聞いてのレポートを提出してもらって、
それを材料をもとに、
協議会で熊本の実情にあった議論をやってもらいたいものだ。










« 国民投票「20歳以上」に? | トップページ | モビリティウィークのポイント »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58545098

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本都市圏協議会:

« 国民投票「20歳以上」に? | トップページ | モビリティウィークのポイント »