2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 歴史問題 | トップページ | レターバスガイドマップ「健康づくり版」 »

2013年10月 4日 (金)

一枚の写真

3

菊池市の泗水総合庁舎に行くと、
花房台飛行場の戦争遺跡の展示があっていた。
米軍機や日本の戦闘機のモデルが立派だったけれど、
そのそばに、この写真があった。
え?旧泗水村郵便局前での記念写真。
ということは、局長だった私の祖父が写っているのではと、
眼鏡を外して、じっくり観察すると、
どうも矢印の男性が、祖父に似ている。
局長だから、真ん中にいても不思議はないのではないか。
当時、56歳ぐらいではなかっただろうか。
長男は学徒動員で南方に行き、
次男と三男は予科練にいたと聞いている。
次男が私の父である。
この飛行服の青年たちは、特攻で飛び立った。

大津町の私の生家には、配達されなかった手紙やはがきが、
未使用のはがきや切手とともに一抱えほどあった。
泗水を引き払うときに処分もできず、持ってきたのだろう。
無口で耳も遠かったので、何かを話したという記憶もない。
残ったのは私と、それに連なる息子や孫に受け継がれた遺伝子だけ。


« 歴史問題 | トップページ | レターバスガイドマップ「健康づくり版」 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58320947

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真:

« 歴史問題 | トップページ | レターバスガイドマップ「健康づくり版」 »