2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« くまモンはお一人なの | トップページ | 今日はプンプン。 »

2013年10月30日 (水)

つる草の実

高校生のとき、私は美術部で油絵を描いていたが、
芸術では、音楽を選択していた。
ある日その授業で、いきなり楽器もなしに、作曲させられた。

私は弾厚作(作曲家としての加山雄三の筆名)や
バート・バカラックにあこがれて、
ギターで少々作曲をやっていたので、
頭の中でドミソ、ドファラ、とか歌いながら、
教科書に載っている詩をもとに、50分で2曲作った。
長いこと山村暮鳥の作品だと思っているが、
検索しても出てこないし、真偽のほどは分からない。

 蔓引けば つる草の実の
 からからと こぼるる音も
 すずろさびしや 秋はさびしや

というのと、

 とんぼ来るかなと 外へ出てみたりゃ
 とんぼ飛んできて つるべにとまる
 とんぼかわいや 紅がらとんぼ
 紅い帯など ちょんとつけてくる

記憶頼みなので、教科書通りかどうか不明。
メロディを今も覚えているので、歌詞も忘れないのだろう。

長らく、加山雄三さんの曲に詩を書いていた、
岩谷時子さんが亡くなった。
40年以上も前の話だが、当時岩谷さんを
日本で最高の詩人だと私は思っていた。

郷ひろみの「裸のビーナス」も彼女が書いたのか。
いまでも、私のおもいでの夏の曲だ。

晴れ永遠2006年7月29日のエントリー
「裸のビーナス」→リンク 



« くまモンはお一人なの | トップページ | 今日はプンプン。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
なんだか気になって私も調べましたら、下の詩は野口雨情の“紅殻とんぼ”というものでした。上の詩はわかりませんでした。
調べていて逆に野口雨情に興味が湧いてきました(笑)

加山雄三がなぜ、弾厚作という名前で作曲するのか気になります。すごい名前です(^-^)

山村暮鳥さんのことも気になって調べたら、複雑な家庭環境で生きてこられた人で興味を持ちました。詩集を読んでみたいです。

ありがとうございます。謎が一つ解けました。
山村暮鳥という名前は、これだけで覚えているので、「つる草」については間違いないと思うのですが。。。
青空文庫みたいに、ネットに山村暮鳥詩集をアップしている人がいましたが、文庫版でいいので、たまに開いて読んでみたい詩人だと思いました。
意外に感覚が近いのかなと。

弾厚作の弾は、ギターを弾くので。で、厚作は山田耕筰さんを尊敬しているからと、本人が昔インタビューで答えていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58483353

この記事へのトラックバック一覧です: つる草の実:

« くまモンはお一人なの | トップページ | 今日はプンプン。 »