2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 60歳 | トップページ | ゴルフとオバマ »

2013年9月22日 (日)

バスの乗り方教室

9月24日(火)、合志市立南ヶ丘小学校で、
バスの乗り方教室が開かれる。
企画課も気の利いたことをやるなと思ったら、
昨年のワークショップで、そういう意見が出てたな、と。
自分で言ったような気もするが、記憶はあいまい。

テレビタ特派員で取材に行きたいけれど、
当日は定例会最終日の本会議なので、残念。

公共交通に関する座学講座(15分)バスの乗り方講座(35分)、
そして体験乗車(30分)と3部構成で、合計80分。
妥当なところであろう。

思えば、私が初めてバスに1人で乗ったのも小学生のとき。
不安で不安で仕方がなかった。
当時は、バスガイドさんが乗車していて、
切符を販売もしていたけれど、逆に降車ボタンがなかったので、
どのタイミングで、「おります」と言えばいいのかが、分らなかった。
そういう細かいところを気にする子どもだったのだ。

バス酔いもずいぶん経験させてもらったが、
それでも、バスが大好きなのは、おそらく
ビートルズの『マジカル・ミステリーツアー』の影響だと思う。

エルトン・ジョンには、「ベイビーと僕のためのブルース」という曲があり、
そこではグレイハウンドバスが、アメリカの旅の装置としてある。
ポール・サイモンの「アメリカ」においても。

曲をアップしようと思ったら、
ジョン・レノンとポール・サイモンが
グラミー賞のプレゼンターになっている珍しい映像があったので。


« 60歳 | トップページ | ゴルフとオバマ »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/58243198

この記事へのトラックバック一覧です: バスの乗り方教室:

« 60歳 | トップページ | ゴルフとオバマ »