2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 社会を明るくする運動学校啓発の朝 | トップページ | 持続可能な都市 »

2013年7月11日 (木)

竹迫観音祭

昨夜、2年ぶりに竹迫観音祭りに出かけた。
レターバスで行くと、竹迫下町に午後6時31分着予定だったので、
すずかけ台北から乗ったのだが、そのときすでに約15分遅れ。
竹迫の車両通行止め入口に着いたときは午後7時直前。
本部のある上町公民館まで、まだ明るい通りを歩いた。
歩けばかなりの距離、というほどでもないが、
ゆるい上り勾配である。
私は横町のはずれのコンクリート工場に15年ほど通ったので、
懐かしいまちでもある。
工場のライン養生室のボヤのときは、
消防署からよりも早く地元消防団が来てくれた。
もう30年近く前のことなので、
昼火事に集まれる団員はかなり少なくなっている。
ということは、観音さんの担い手が減少しているということでもある。
練習にみんなが集まることがなかなか難しいとのこと。

ネットでは、「熊本で一番早い夏祭り」であること、
また「熊本のだんじり」という例えもあった。


昨日聞いた興味深い話として、
昔は上町下町横町の3基のドランジャーだけではなく、
もっと多くの地区から参加があったということ。
また、昔はこんなに派手にぶつけていなかったとも。

記録としては残らず、
記憶だけが頼り。そしてそれも忘れ去られるか、
レジェンドとして語り継がれるか。
そうなって残ったものが歴史的事実かどうかは
この際あまり関係ないのである。

動画は私のXperiaで撮影。


« 社会を明るくする運動学校啓発の朝 | トップページ | 持続可能な都市 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/57770432

この記事へのトラックバック一覧です: 竹迫観音祭:

« 社会を明るくする運動学校啓発の朝 | トップページ | 持続可能な都市 »