2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 英霊顕彰碑 | トップページ | 2040年人口推計 »

2013年6月 9日 (日)

空想科学小説

3月26日の熊日に「日中韓FTA交渉開始」の記事。
そして、何と同じ日に「日欧EPA交渉開始合意」の記事も。
TPP(環太平洋連携協定だっけ?)ばかりが話題になるのは、
相手が主に米国であるからだけれど、
日本の交渉力が心配なんていう、
下世話で、本当のところがわかっていない
一般庶民的な発想かもしれない。
しかし、いずれも将来の国益を左右する大問題だ。
いや、国益じゃなくて、国民生活である。

私が子どものころは、
世界が一つになって、戦争のない平和な世の中になることが
人類の理想だという思想に染まっておった。
理想は理想として、
現実には宗教や政治的な問題で
その道ははるかに険しいこともよくわかる。

「世界が一つ」は、経済的にそれが達成されれば、
誰もが飢えや貧困から解放されると思いたいのだが、
どうも貧富の格差は激しくなり、
富や権力を得たものは、それを手放したくないがために
武力に頼らざるを得なくなる。
なんて、1960年代的な空想科学小説の世界が
実現しそうな感じがする。

先の協定の話に戻ると、
FTAは自由貿易協定となっている。
EPAは経済連携協定である。

そして先ごろの報道では、
中国がTPP参加を検討しているというものがあった。
米国が持ちかけたという話もあったと思うが、
それらをひとまとめにして、
誰か解説してくれないものだろうか。
もちろんそのいずれもが何らかの形でまとまったとして、
その影響はどうなるのか、
誰にもはっきりしたことはわからないのだろう。

目の前のことに一喜一憂しているだけで
成長し歳とっていけたら幸せなのだろうか。







« 英霊顕彰碑 | トップページ | 2040年人口推計 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/57550273

この記事へのトラックバック一覧です: 空想科学小説:

« 英霊顕彰碑 | トップページ | 2040年人口推計 »