2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ロボット | トップページ | ビューティフル »

2013年3月19日 (火)

レイチェル・ワイズ

今日の朝日新聞にレイチェル・ワイズのインタビューがあった。
公開中の映画『オズ はじまりの戦い』で
主人公の前に立ちはだかる邪悪な魔女の役だそうだ。

 オリジナルの「オズの魔法使」を見たのは5歳の時だ。
 「魔女がすごく怖かった」。その魔女を自ら演じている。
 「子供は怖い思いをすることも大切。
 危険を察知し、強い人間になるために必要です。
 おとぎ話に怖い話が多いのはそのためなのでは。
 だから私も子供たちの成長に貢献していることになりますね」


さすがにイギリスの女優は言うことが違う。
ケンブリッジ大学で英文学を学んでいたとある。
宮崎駿のファンタジー以外は趣味ではないと。
言うことにそつがない。

現実の怖い思いはトラウマになるかもしれないが、
フィクションであったり、ファンタジーでの経験は貴重だ。
私の場合は、テレビでやってた「恐怖のミイラ」と
ナマハゲである。
なんでナマハゲか分からないが、母の脅し文句であった。
それに生家は質屋をやっていたので、
言うことを聞かないと真っ暗な倉庫に閉じ込められたものだ。
あ、そういう躾けが良かったかどうかは
児童心理学的にどうだったかわからない。


« ロボット | トップページ | ビューティフル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/56989258

この記事へのトラックバック一覧です: レイチェル・ワイズ:

« ロボット | トップページ | ビューティフル »